整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

受付主任を育成する【経営分析】

「受付主任を育成する」の現状の課題

 院長先生とスタッフから受付主任を育成することに対するお話を伺いました。

 院長「受付スタッフは何を考えているか分かりません。普段私の診療が終わっても、受付業務が忙しくなる時間帯なので。なかなかコミュニケーションをとりづらいです。そのため、ミスなく機嫌よく業務をしてもらえればいいと思います。」

 院長「受付スタッフの雰囲気は患者さんにとっては重要です。質問に答えるだけでなく、受付が素早くフォローすることで、印象を高めることができます。患者さんはミスがなければ、不満はありませんが、満足することもないですよね。」

 スタッフ「院長先生が何を私達に期待しているのか分かりません。私達は自分達の業務の重要性が理解してもらいづらい部署なので、諦めています。私達よりも各部署の役割を明確にする方が先だと思います。」

「受付主任を育成する」の目標・ニーズの明確化

 院長「受付は大事な部署で、日々感謝してますが、言われてみればそれを伝えていないですね。受付主任は責任感が強いため、それが他の部署には融通がきかないようにみえるのかもしれません。判断軸を増やすことで、応用力が高まります。」

 院長「受付には自分達の都合だけでなく、患者さん目線で業務を考えてほしいですね。受付の課題は医院の課題のため、患者さんのために医院全体で話し合いたいです。待ち時間を快適に過ごしてもらえるように接遇を意識してほしいですね。」

 スタッフ「受付の全ての業務をサポートするのは難しいですが、1つに絞ってもらえるとフォローもできると思います。私達もフォローしてほしいこともありますし。お互いの業務を知ることから始めてみてはどうでしょうか。」

このような医院で効果的です

 受付の柔軟性がない、開業年数が長い、朝一が一番混雑している、受付の勤務歴が長い、受付パートスタッフも多い、他部署の自主性が高い、接遇力を高めたい

「受付主任を育成する」の課題解決のためのご提案

 1つ目は現状の受付の状況を確認します。受付スタッフの自主性を高めるためには現状受付がどのような状況なのかを把握する必要があります。これが中途半端なら目標を設定することができません。

 2つ目は院長先生の期待する役割を伝えます。受付スタッフは責任感が強いため、完璧を求める傾向があります。そのため、院長先生は何を期待しているのか、評価しているのかを伝えることで、行動をイメージできます。

 3つ目は各部署の情報を共有します。患者さんのために受付から積極的に各部署の情報を共有することで、患者さんへの対応がよくなります。お互いの負担軽減にもつながります。

 下記の「詳しくはこちら」では経営アドバイス導入後、受付主任を育成することに成功した事例を詳しくお伝えしております。

詳しくはこちら

  施術主任を育成する  看護主任を育成する  リハビリ助手主任を育成する

WEB経営セミナー「さんかくすい」