整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

受付主任を育成する【職人から参画経営】

職人の先生の傾向

 整形外科診療所経営において、職人の院長先生は診察に集中するために受付と連携することが重要です。受付と連携することで、円滑に診察に誘導でき、待ち時間を短縮化できます。また、診察室からも受付に情報を共有することで、会計まで素早く案内できます。

 これにより、診察室だけでなく受付と連携して、診察を効率化できます。その結果、患者さんの満足度を高めるためにはどうすればいいのか、待ち時間をどうすれば短くできるのかと情報を共有し、アイデアを形にすることができます。

 その連携の中心となるのが受付主任です。受付スタッフは診察室の状況を把握しづらく、自分達の業務のミスを減らしたいと考え、効率化しづらいです。そのため、受付と診察の雰囲気を高めることができません。

 患者さんは受付主任がいることで、質問しやすいだけでなく、明るい雰囲気を体現することで、医院全体の接遇の印象も良くなります。その結果、受付で業務内容を判断してもらえるため、診察に集中しやすくなります。

職人の先生のニーズ

 職人の院長先生は診察に集中したいため、受付主任がいることで、他部署のスタッフも状況を把握しやすく、情報が受付を中心に集まります。受付主任を育成できなければ、受付業務を任せることができず、院長先生が診察の度に判断しなければならず、効率化が高まりません。

 院長先生が受付主任に業務を任せるができると安心して、診察に集中できます。しかし、常に受付主任とコミュニケーションをとることが難しいです。そのため、受付主任が必要な場面で報告することや、自主的に業務をしてくれることを期待しています。

 そこで、受付主任を育成することで、他の受付スタッフの力量も高まります。また、診察室のスタッフと受付スタッフが積極的にコミュニケーションをとることで、段々と効率化できる体制が作りあげられます。

 患者さんにとっては診察室でできなかった質問も受付にでき、受付も診察室と連携できるため、より患者さんの診察に集中できるようになります。

参画経営で大切にしていること

 参画経営では院長先生が診察に集中するために受付主任を育成します。受付主任は業務の責任者だけでなく、患者さんの誘導や受付スタッフの育成まで様々な役割を担当できます。

 さんかくけいでは院長先生が受付主任と積極的にコミュニケーションをとることを推奨していません。これでは負担がかかるだけでなく、受付の自主性も高めづらいです。

 そこで、さんかくけいでは院長先生が受付主任に期待する役割の明確化、受付と診察スタッフの連携強化、各部署で情報を共有する仕組み作り等をサポートします。

 これにより、患者さんは安心して待合室で待機できるだけでなく、質問もしやすい雰囲気を醸成できます。また、院長先生もリアルタイムで受付と診察の状況を把握できます。

 下記の詳しくはこちらでは三方が良くなる「受付主任を育成する」について聞いた内容をお伝えします。

              詳しくはこちら

   施術主任   看護主任   リハビリ助手主任

WEB経営セミナー「さんかくすい」