整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

リハビリ助手主任を育成する【成功事例】

 リハビリ助手主任を育成した成功事例の医院ではリハビリ助手の意見の把握、施術スタッフとの連携の検討、新たな提案へのサポートの3つに取り組みました。

 1つ目はリハビリ助手の意見を把握しました。リハビリ助手は真面目に患者さんのために勤務していましたが、現状の業務を維持しようという気持ちが強く、新たな取り組みをしようという気持ちが薄かったといえます。その空いた時間は患者さんと会話していました。

 また、患者さんとしても疾患の痛みの予防や軽減を重視していますが、スタッフと話したいと考えている方もいます。また、リハビリ助手は誰かが主任になるのではなく、平等に扱ってほしいという気持ちがありました。ただ、何となく勤続年数などリーダーが決まっていました。

 そのため、リハビリ助手主任を任命し、意見を把握しました。リハビリ助手主任がチームワークを重視して、業務改善に取り組めば、効率化にも良い影響を与えることができます。

 2つ目は施術スタッフとの連携を強化しました。診察に集中するためには自主的にリハビリ室を管理してもらう必要があります。まずは施術主任がリハビリ助手主任をフォローし、リハビリの課題を共有し、改善のスケジュールを検討しました。

 その次はリハビリ助手から施術スタッフが施術に集中するためにはどのようなフォローができるのか考えました。主任同士が情報を共有することで、他のスタッフまで自然に伝わりました。

 3つ目は新たな提案をサポートしました。リハビリは他院や他施設など多くの競合があるため、院長先生が期待する役割や望んでいる体制、サポートする内容を伝えました。まずは院長先生から行動し始めました。

 施術スタッフやリハビリ助手から新たな体制への提案があれば、自発的に取り組むことができます。これにより、院長先生の負担が減るとともにリハビリ助手の働きがいにもつながります。

参画経営の特徴を解説

 リハビリ助手主任に行動力があります。通常リハビリ助手は平等性を意識するため、進んで業務改善など+αの仕事まで挑戦しようという気持ちは薄いといえます。しかし、リハビリ助手主任が積極的に患者さんのために効率的な体制を作っています。

 リハビリ助手主任の経営意識が高いです。リハビリ助手はパートのスタッフが多いため、なかなか医院経営全体を考えることができません。そのため、リハビリ助手主任が具体的に行動できるようにサポートしています。

クライアントの声

 院長「物療業務が効率化でき、待ち時間が減りました。今までは忙しくなるとリハビリ助手の負担につながっていましたが、スタッフ同士が声をかけ合うことが多くなりました。」

 スタッフ「以前より私達の意見を伝えるようになりました。今までは院長先生に話しかけることは気がひけましたが、私達から新しい考えをお話しさせてもらうことで、それが形になることが嬉しいです。院長先生から他部署に良い影響を与えていると言われました。」

 現場での変化は下記の詳しくはこちらをご覧下さい。

詳しくはこちら

お問い合わせ例や動画内容

 リハビリ助手主任を育成するために

・リハビリ助手はモチベーションが高くないため、任せるのは難しいと思う

・リハビリ助手の普段の頑張りが分からない、誰を主任にすればいいのか分からない

・リハビリ助手主任を中心に施術スタッフと連携する方法をお伝えさせていただきます。

 詳しくは下記の「お問い合わせ」よりリハビリ助手主任を育成するとお伝え下さい。

 また、参画経営を実現するためにリハビリ助手の意見の把握、施術スタッフとの連携の検討、新たな提案へのサポートなど具体的に取り組んでみたい場合は下記の「無料経営相談」よりご相談下さい。signature01

お問い合わせ 無料経営相談 WEBセミナー登録

WEB経営セミナー「さんかくすい」