整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

リハビリ助手主任を育成する【現場】

 リハビリ助手は自分なりに考えて、行動しています。そのため、リハビリ助手の中には待ち時間を減らしたい、患者さんと会話したい、施術スタッフをサポートしたいなどそれぞれの優先順位が異なります。

 

 その中で、リハビリ助手同士がうまく連携し、バランスをとっています。しかし、そのバランスが自分達でとれなければ、院長先生に調整してほしいという要望が生まれます。

 

 ただ、院長先生もどのような状況か分からないため、結局調整することができません。なぜなら、調整するためには患者さんの視点を把握する必要があるからです。

 

 上記の場合、院長先生とリハビリ助手の距離感が近ければ、活発に意見交換ができます。しかし、院長先生との距離が遠ければ、提案が反論につながると感じ、何も発言できません。

 

 これを放置していると、スタッフマネジメントの負担が減りますが、患者満足度を高めることはできません。また、院長先生にとってはどのスタッフがどのように頑張っているかは分からないため、適切に評価することもできません。

 

 そこで、定期的に情報を共有することが大切です。面談等話す機会がなければ、リハビリ助手はなかなか発言できません。

 

 その結果、院長先生が話しかけても、問題はないと感じるため、コミュニケーションの機会が減ってしまいます。また、リハビリ助手も話すことはないと感じ、話すことを諦めてしまいます。

 

 リハビリ助手への評価を高め、口コミを発生させるためには医院全体で同じように行動することが大切です。これには院長先生の理念が軸になります。

 

 ただ、リハビリ助手も自分達で考えて、患者さんに接しています。しかし、最近では物療を取り巻く状況が変わっています。

 そこで、待ち時間を減らすだけでなく、患者さんに対して余裕のある雰囲気を作ることが重要です。これができなければ、競合と差別化ができず、来院回数が減ってしまいます。

 

 まずは自分達はどのような点が評価されているのかを考え、新しい取り組みの必要性を共有するから始めて下さい。

  受付主任を育成する  施術主任を育成する  看護主任を育成する

WEB経営セミナー「さんかくすい」