整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

リハビリ助手主任を育成する【経営分析】

「リハビリ助手主任を育成する」の現状の課題

 院長先生とスタッフからリハビリ助手主任を育成することに対するお話を伺いました。

 院長「リハビリ助手はどのように頑張っているか分かりません。物療はほとんどリハビリ助手に任せています。その方が彼女達も働きやすいのではないでしょうか。下手に役職をつけても、チームワークが悪くなり、自発性もなくなるかもしれません。」

 院長「患者さんは診察室や受付が忙しいため、物療時にスタッフと話すことも来院動機の1つだと思います。診療終了後に何かあればリハビリ助手から報告してくれるため、非常にありがたいですね。患者さんも年齢も近いため、話しやすいのだと思います。」

 スタッフ「自分達はチームワーク良く、元気に働こうと話しています。そのため、受付の皆さんにも私達でできることがあればとお伝えしています。働かせてもらって、感謝しています。患者さんに私が元気をもらうことがあるため、これからも頑張ります。」

「リハビリ助手主任を育成する」の目標・ニーズの明確化

 院長「リハビリ助手から話してもらうことで、医院全体の発言力が高まりました。実際、他部署からも発言しやすくなったと聞きました。これにより、医院の長所と課題を共有することができました。目的が理解できれば、フォローし合えるんですね。」

 院長「リハビリ助手から患者さんの要望を伝えてもらったことを形にできました。これにより、患者さんからの評価が高まりました。このような積み重ねで来院回数が高まり、患者さんの痛みがとれるといいですね。」

 スタッフ「施術の先生方とのチームワークが良くなりました。施術の先生から意見を聞いてもらうため、自分達で考えるようになりました。これにより、勤務終了後など自発的に話し合うようになったのが、よかったです。」

このような医院で効果的です

 物療の患者数が多い、午前中に患者さんが集中している、理学療法士が多い、リハビリ助手の勤続年数が長い、忙しくてリハビリを管理している余裕がない、リハビリ室を活性化したい、競合が多い、昨年に比べて再診の患者数が減っている

「リハビリ助手主任を育成する」のご提案内容

 1つ目はリハビリ助手の意見を把握して下さい。リハビリ助手は毎日勤務する中で様々なことを考えています。それを1つずつ形にすることで、リハビリ室の雰囲気が良くなります。

 2つ目は施術スタッフとの連携を検討して下さい。医院の長所である運動療法を機能させるにはリハビリ助手のフォローが必要です。

 3つ目は新たな提案をサポートします。リハビリ室から新たな行動を開始することができれば、医院の口コミにつながります。また、スタッフの自発性も高まります。

  下記の「詳しくはこちら」では経営アドバイス導入後、リハビリ助手主任を育成することに成功した事例を詳しくお伝えしております。

詳しくはこちら

  受付主任を育成する  施術主任を育成する  看護助手主任を育成する

WEB経営セミナー「さんかくすい」