整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

リハビリ助手主任を育成する【職人から参画経営】

職人の先生の傾向

 整形外科診療所経営において、職人の院長先生が診察に集中するためにリハビリの運営をスタッフに任せることが重要です。そのためにはリハビリ助手の力量が影響します。ただ、職人の院長先生にとって、リハビリ助手とコミュニケーションをとる機会は多くありません。

 そのため、リハビリ助手と院長先生は挨拶をかわす程度という医院もあります。その結果、院長先生はリハビリ助手が普段どのように勤務しているのか分からず、リハビリ助手の頑張りの違いを把握しづらいです。

 リハビリ助手は院長先生と距離が生まれ、自主的な提案や潜在的な患者さんの想いを院長先生に伝えることができません。診察室は忙しいため、リハビリ助手が患者さんを把握している場合があります。そのため、院長とリハビリ助手、患者さんをつなぐのがリハビリ助手主任です。

 患者さんにとっては余裕のあるリハビリ室に通うことで、スタッフと親しくなり、患者さんの情報を把握することができます。その情報を診察室や受付と共有することで、医院全体で患者さんを把握できます。

職人の先生のニーズ

 職人の院長先生は通常リハビリ助手とコミュニケーションをとることが多くはないため、リハビリ助手主任を中心にリハビリ助手と連携することで、医院全体のコミュニケーション量が増え、雰囲気が良くなります。

 また、リハビリ助手の接遇力が高まることで、他院や他施設と差別化することが可能です。さらにリハビリ助手主任がリハビリ助手のマネジメントをサポートしてもらえることで、診察や施術に集中しやすくなります。

 ただ、院長先生はどのようにリハビリ助手主任とコミュニケーションをとればいいのか分からない場合があります。そのため、他部署の主任と主任ミーティングを開催し、他部署の主任のサポートを受けながら、意見を反映する方法があります。

 患者さんにとってはリハビリ助手主任が全体を把握することで、他のリハビリ助手の接遇力が高まり、余裕のある雰囲気の中で物療を受けることができます。

参画経営で大切にしていること

 参画経営では院長先生が診察に集中するためにリハビリ助手が自主的に運営する体制を作ります。さらに現場で素早く自己判断でき、患者さんの潜在的な要望を反映する体制を整えます。

 さんかくけいでは院長先生が積極的にリハビリ助手主任とコミュニケーションをとることはしません。これでは現場の状況が詳しく分からないだけでなく、診察に集中しづらくなります。

 そこで、さんかくけいではリハビリ助手主任の潜在的な提案の明確化、物療業務の効率化への提案の具体化、他部署の主任との連携の促進等をサポートします。

 これにより、患者さんはリハビリスタッフとの顔なじみになり、来院回数も高まります。また、医院全体の提案をボトムアップできるため、マネジメントの負担も軽減します。

 下記の詳しくはこちらでは三方が良くなる「リハビリ助手主任を育成する」について聞いた内容をお伝えします。

             詳しくはこちら

   受付主任   施術主任   看護主任

WEB経営セミナー「さんかくすい」