整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

施術主任を育成する【成功事例】

 施術主任を育成した成功事例の医院では現状の施術部署の状況と目標の確認、施術主任からの連携の促進、院長先生の期待する役割の浸透の3つに取り組みました。

 1つ目は現状の施術部署の状況と目標を確認しました。施術部門は接遇力や医療知識を高めることを意識しているため、各部署との乖離が生まれる可能性があります。そこで、状況を把握することで、目標を設定しやすくなります。

 目標には施術部門が中心に設定するものと医院全体を考慮したものの2つがあります。これは医院の長所に応じて選択しますが、開業年数が長い場合は前者の方が効果的です。まずは施術主任を中心に他の施術スタッフがどのような想いを持っているかを把握しました。

 2つ目は施術主任からの連携を促進しました。施術主任の協力体制は医院経営において重要です。もし、施術主任がスタッフの接遇力などに関心がなければ、業務に集中するようになります。その結果、施術部署と他部署との乖離が生まれます。

 一方施術主任が他部署に協力的であれば、連携を促進することが可能です。つまり、施術部署以外に視点を拡げることが大事です。これにより、院長先生の負担も軽減します。

 3つ目は院長先生の期待する役割を伝えました。また、院長先生が施術スタッフにどのような方向に医院経営を進めていきたいのか伝えました。これは施術だけでなく、医院全体まで検討することで、他院との差別化につながります。

 普段から意識的にコミュニケーションをとることで、院長先生の理念を浸透させました。これにより、他のスタッフにも理念が浸透しやくなりました。

参画経営の特徴を解説

 施術主任と他部署とのチームワークが良いです。施術主任が協力的なので、普段から情報を共有しています。これにより、他部署と前向きに連携することができます。また、施術主任が収集した情報を院長先生に伝えることで、スタッフマネジメントに活用しています。

 施術部署が経営において重要な部署だと医院全体が把握しています。他院と差別化するには今後運動療法が重要です。そこで、他部署が施術部門の影響で、評価が高まっていると考えているため、施術スタッフに協力的です。

クライアントの声

 院長「スタッフ全体の医療知識が高まっています。丁寧な接遇だけでなく、医療知識によって、他院と差別化できています。また、施術スタッフから客観的な状況を伝えてもらうことで、私が部署の状況を把握できるようになりました。」

 スタッフ「部署間でアドバイスできるようになりました。今までは人間関係が気になって、なかなかお互いの業務に関して、アドバイスすることができませんでした。しかし、施術スタッフからアドバイスをしてもらうことで、業務を見直すようになりました。」

 現場での変化は下記の詳しくはこちらをご覧下さい。

詳しくはこちら

お問い合わせ例や動画内容

 施術主任を育成するために

・施術主任は業務に集中しているが、他のスタッフまでアドバイスするまでの力量はない

・施術スタッフのモチベーションが分からず、コミュニケーションをとっていない

・施術主任を中心に医療知識を高める仕組み作りをお伝えさせていただきます。

 詳しくは下記の「お問い合わせ」より施術主任を育成するとお伝え下さい。

 また、参画経営を実現するために現状の施術部署の状況と目標の確認、施術部署からの連携の促進、院長先生の期待する役割の浸透など具体的に取り組んでみたい場合は下記の「無料経営相談」よりご相談下さい。signature01

お問い合わせ 無料経営相談 WEBセミナー登録

WEB経営セミナー「さんかくすい」