整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

施術主任を育成する【職人から参画経営】

職人の先生の傾向

 整形外科診療所経営において、職人の院長先生が診察に集中するためにスタッフにリハビリを任せることが重要です。その中心となるのが施術主任です。施術主任にリハビリを任せることで、リハビリ室を管理しやすくなります。

 ただ、施術スタッフも職人のため、目の前の患者さんの施術に集中したいと考えています。そのため、院長先生が期待している役割を伝えて、施術主任をサポートする体制が必要です。

 院長先生も診察に集中し、施術主任もリハビリに集中していれば、患者さんの潜在的な満足度を高めることができません。その結果、リハビリ室の患者さんが他院や他施設に流れるようになります。これにより、物療数も減少し、経営が安定しづらくなります。

 患者さんにとっては施術主任がリハビリ室を管理していることで、安心して来院することができます。また、施術主任を中心にリハビリスタッフの接遇力が高まり、印象も良くなります。

職人の先生のニーズ

 職人の院長先生は診察に集中するため、リハビリ室の目標を施術主任を中心に設定し、浸透させることです。これにより、モチベーションを高め、チームワークを強化しやすくなります。

 ただ、院長先生は診察に集中しているため、施術主任と常にコミュニケーションをとりづらいです。そのため、施術主任から自主的に情報を報告し、連携する事が求められます。そこで、長期的な視点に立って、面談等で情報を共有し合います。

 施術主任がリハビリスタッフをマネジメントすることで、リハビリスタッフも施術主任に相談しやすくなり、働きやすくなります。また、院長先生のマネジメントの負担も減ります。その結果、診察室を中心に診察に集中しやすくなります。

 患者さんにとっては施術主任を中心に医療知識を高めたスタッフが対応することで、医療への信頼性も高まります。リハビリ助手も施術主任に相談して、現場で素早い判断ができます。

参画経営で大切にしていること

 参画経営では院長先生が診察に集中するために施術主任を育成します。そのためには院長先生が目指しているリハビリ像を伝え、施術主任の自主的な目標を設定します。その後、リハビリスタッフと協力して、目標を現場に落とし込みます。

 さんかくけいでは院長先生が施術主任と常に目標を現場に落とし込むことはしません。これでは診察に集中しづらいだけでなく、施術主任の育成が遅くなります。

 そこで、さんかくけいでは院長先生が施術主任に期待する役割の明確化、施術主任を中心としたリハビリマネジメント、リハビリの目標を現場で体現する仕組み作り等をサポートします。

 これにより、患者さんはリハビリの専門性を理解しやすくなり、地域の中で差別化できます。また、疾患が緩和する効果を感じやすくなり、来院回数も増加します。

 下記の詳しくはこちらでは三方が良くなる「施術主任を育成する」について聞いた内容をお伝えします。

              詳しくはこちら

   受付主任   看護主任   リハビリ助手主任

WEB経営セミナー「さんかくすい」