整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

看護主任を育成する【成功事例】

 看護主任を育成した成功事例の医院では看護師の課題と想いの確認、看護師からの新たなサポートの検討、診察室における役割の明確化の3つに取り組みました。

 1つ目は看護師の課題と想いを把握しました。看護師は最も身近に経営者である院長先生に接するスタッフです。そのため、診察における患者さんやスタッフの想いを最も把握しています。つまり、看護主任は院長先生と患者さんとの架け橋です。

 しかし、責任が強い看護師は院長先生の課題を自分だけで受け止め、行動していました。これにより、より良い診察になる成長の機会を失っている可能性もありました。

 そこで、看護師から診察の課題は何か、他の看護師の想いは何か、患者さんからの要望は何か聞きました。もちろん、看護師は言いづらいため、普段からのコミュニケーションが大切です。

 2つ目は看護師からの新たなサポートを検討しました。まずは看護師の診察のサポートに感謝していることを伝えました。次に看護師の業務を他のスタッフに移管することを検討しました。これがなければ、より負担をかけると思われ、診察の効率化に影響します。

 そこで、院長先生はどのような診察のサポートを評価しているのか考えました。自分で実行する方が早いと考えていたので、効率化できないことに気づきました。

 3つ目は診察室における役割を明確にしました。そして、ドクターの業務を看護師に移管しました。次に看護師の業務をクラークや看護助手に伝えました。さらに院長先生のサポートを明確にしました。これがなければ、院長先生はスタッフに任せていると捉えられます。

 まずは1ヶ月など試用期間を決めて、実施しました。その後修正しながら、現場に定着させました。以上3つの実施事項の責任者として看護主任がいれば、推進しやすくなります。

参画経営の特徴を解説

 看護主任と普段からコミュニケーションをとっています。看護主任と情報を共有することで、実行しやすいです。また性格も分かっているため、業務を移管する際の注意点を把握できます。

 看護師同士のチームワークが良いです。看護主任は全体を把握し、業務を調整しています。また、院長先生の想いを他の看護師に伝え、看護師の想いも院長先生に伝えています。

クライアントの声

 院長「診察が効率化できることで、待ち時間が減っています。以前は忙しくなると私の負担が増えて、待ち時間も長くなっていました。また、他部署からの情報も入ってくるようになりました。これにより、部署をこえて、効率化を検討するようになりました。」

 スタッフ「私の負担が減りました。以前は私が率先して、動いていたため、全体を把握することができませんでした。私の余裕が出たため、院長先生と話すことも増えて、他のスタッフも話しやすくなったようです。」

 現場での変化は下記の詳しくはこちらをご覧下さい。

詳しくはこちら

お問い合わせ例や動画内容

 看護主任を育成するために

・何となく看護主任が決まっているが、協力を促進する方法が分からない

・開業年数が長いため、今さらどのようにコミュニケーションをとるか分からない

・看護主任を中心に診察室全体の効率化に取り組む方法をお伝えさせていただきます。

 詳しくは下記の「お問い合わせ」より看護主任を育成するとお伝え下さい。

 また、参画経営を実現するために看護師の課題と想いの確認、看護師からの新たなサポートの検討、診察室における役割の明確化など具体的に取り組んでみたい場合は下記の「無料経営相談」よりご相談下さい。signature01

お問い合わせ 無料経営相談 WEBセミナー登録

WEB経営セミナー「さんかくすい」