整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

看護主任を育成する【経営分析】

「看護主任を育成する」の現状の課題

 院長先生とスタッフから看護主任を育成することに対するお話を伺いました。

 院長「看護主任は良く働いています。私が診察を円滑に進めることができるのは看護主任のおかげです。看護主任は看護師の育成も担当しています。これ以上は協力をあおげません。」

 院長「患者さんは私の診察が忙しいため、看護主任を中心にコミュニケーションをとっています。看護主任は私以上に患者さんのことを把握しています。いなくなっては困る存在ですね。強いて言うなら、他の看護師の接遇を教育してほしいですね。」

 スタッフ「他のスタッフの能力をもう少し高めてほしいですね。医院の看板を背負っているのはみんな同じなので、患者さんにとっては誰が看護師とかは関係ないと思います。私達は患者さんの期待に応えていく義務があります。」

「看護主任を育成する」の目標・ニーズの明確化

 院長「看護主任は私の考えをもっと他のスタッフに伝えてくれると助かります。看護主任には私の理念が伝わっているので、新人スタッフにも伝わるといいですね。また、私に対するサポートを促し、私にもスタッフにどのようなサポートができるか教えて下さい。」

 院長「看護主任は患者さんの考えをもっと他のスタッフに伝えてほしいですね。看護主任は柔軟性もあり、医療知識があるため、全体のレベルを高めていきたいです。診察室の余裕が出れば、もっと伝える機会も増えてくると思います。」

 スタッフ「診察室だけでなく、もっと他部署とコミュニケーションをとりたいです。診察室のように責任感を持って、患者さんのためにまずは行動してみるという姿勢を持ってほしいです。うまくいかなければ、修正すればいいだけなので。」

このような医院で効果的です

 看護師の勤務歴が長い、診察の忙しい時間帯がある、看護師以外に診察室に配置するスタッフがいる、電子カルテを導入している、院長先生に負担が集中していると感じる、看護主任が何となく決まっている

「看護主任を育成する」の課題解決のためのご提案

 1つ目は看護師の課題と想いを確認して下さい。看護師は冷静に医院のことをみています。ただ、チームワークを大事にしているため、何を考えているのか把握しておくことは大事です。

 2つ目は看護師からの新たなサポートを検討します。院長先生の負担を軽減させるためには、まずは看護師に業務を移管します。その余裕がでれば、新たな取り組みを開始できます。

 3つ目は診察室における役割を明確にします。看護師以外は自分の役割に制限をかけるため、他のスタッフには何を求めているか明確化することで、柔軟に働くことができます。

 下記の「詳しくはこちら」では経営アドバイス導入後、看護主任を育成することに成功した事例を詳しくお伝えしております。

詳しくはこちら

  受付主任を育成する  施術主任を育成する  リハビリ助手主任を育成する

WEB経営セミナー「さんかくすい」