整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

看護主任を育成する【職人から参画経営】

職人の先生の傾向

 整形外科診療所経営において、職人の院長先生が診察に集中するために最も重要なスタッフが看護主任です。看護主任がいれば、患者さんだけでなく、スタッフの状況も把握できます。

 看護主任は診察室の他の看護師のチームワークを重要視しています。そのため、院長先生が診察に集中していても、看護師の効率的な業務やスタッフマネジメントを担当してもらえます。また、現場に基づいた提案をしてもらえることで、より効率化できます。

 さらに看護主任が看護助手やクラークと積極的に連携することで、診察室全体の効率化を実現できます。院長先生が診察室のスタッフに伝えたいことを代弁してくれるだけでなく、スタッフの意見も院長先生に伝えてもらえます。これがなければ、現場の意見を汲み取れません。

 患者さんにとっては看護師の効率化により、待ち時間が減少します。また、診察室で聞き忘れた事も看護主任に聞くことができます。これにより、安心して来院することができます。

職人の先生のニーズ

 職人の院長先生は診察に集中するため、看護主任を中心に自分達の業務を改善することが必要です。そのためには院長先生と看護主任や診察室スタッフとの距離感が重要です。これがなければ、スタッフは考えず、不満がないという状況に陥り、経営が衰退してしまいます。

 また、潜在的な不満を把握することができないため、退職等が増え、定着率が高まりません。さらにリハビリや受付も診察室でスタッフが提案している雰囲気を察しています。

 ただ、院長先生は診察に集中したいため、看護主任にマネジメントを任せ、他のスタッフと話すことは負担になると考える場合があります。確かに診察には集中できますが、看護主任がいなければ、効率化が実現できません。

 患者さんにとっては看護主任に質問することで、安心できますが、他のスタッフでは頼りないと感じ、医院全体の医療知識への信頼性を醸成することができません。その結果、看護主任は良いけど・・・という口コミが生まれます。

参画経営で大切にしていること

 参画経営では院長先生が診察に集中するために看護主任を中心に診察の効率化とマネジメント体制を整えます。看護主任が職人の場合は院長先生と組みやすいですが、他のスタッフを育成しづらく、結局院長先生と看護主任の力量以上を発揮できません。

 さんかくけいでは院長先生と看護主任だけが忙しくなる体制は作りません。これでは増患が直接負担につながり、診察室内の余裕もなくなります。

 そこで、さんかくけいでは看護主任の現状負担の確認と軽減の提案、看護主任の育成のサポート、診察室スタッフの効率化への具体的な行動への落とし込み等をサポートします。

 これにより、患者さんは他のスタッフにも質問しやすくなり、医院全体の信頼性も高まります。また、他のスタッフも自主的に提案できるため、働きがいも感じ始めます。

 下記の詳しくはこちらでは三方が良くなる「看護主任を育成する」について聞いた内容をお伝えします。

               詳しくはこちら

   受付主任   施術主任   リハビリ助手主任

WEB経営セミナー「さんかくすい」