整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

人材像を明確にする【成功事例】

 人材像を明確にした成功事例の医院では各部署の経営課題の把握、スタッフ主導の人材像の検討、人材像のフィードバックの3つに取り組みました。

 1つ目は各部署の経営課題を把握しました。医院経営を良くするためには人材を育成するだけでなく、部署に適した人材を採用することです。これにより後の育成の負担が減るだけでなく、医院の雰囲気も高まります。

 そのために主任クラスを中心に各部署の経営課題を把握しました。まずは部署の長所から検討することで、主任クラスを中心に医療知識が高まり、普段話せないスタッフとのコミュニケーションもとることができました。

 2つ目はスタッフ主導で人材像を検討しました。スタッフ主導にすることで、普段スタッフはどのような点を評価しているのかを把握できました。ただ、人材像を漠然と設定しては医療経験者が良い、明るい方が良いなどになってしまいます。

 そこで、具体的に人材像を設定しました。現在の業務において必要な人物像、例えば積極的にスタッフに声をかけるほどの明るさなどです。これにバラつきがあれば、医院として一貫性が出ず、接遇力の基準としても活用できません。その際は他部署からもアドバイスをもらいました。

 3つ目は人材像をフィードバックしました。面接については別のページでお伝えしているので、ここでは割愛させていただきますが、面接後はそのスタッフのどこがよかったのか話し合いました。当院には適さなかったでは面接を改善することができません。

 そこでスタッフから面接者のどこがよかったのか、意見を聞きました。それについて院長先生の意見を言い、スタッフの意見の相違を確認しました。その後院長先生からどのような点がよかったのか話すことで、スタッフの理解が深まりました。

参画経営の特徴を解説

 主任クラスの経営意識が高いです。主任クラスの意識が高ければ、部署の課題を客観的に把握することができます。これにより、人材像と適さなくても、感情に左右されることはありません。また、人材像の情報共有が後の主任クラスのミーティングにもつながります。

 院長先生とスタッフが日頃からコミュニケーションをとっています。スタッフとコミュニケーションをとっていれば、院長先生の想いを理解しやすくなります。これにより、採用に一貫性が生まれ、長所を発揮しやすくなります。

クライアントの声

 院長「部署の雰囲気が良くなりました。部署や既存スタッフに適したスタッフを採用できたことで、部署の課題が解決しました。その結果、新たなスタッフも部署に溶け込みやすくなったので、私の負担も減りました。長期的に育成しようという気持ちが生まれたようです。」

 スタッフ「院長とリハビリの課題解決のために話すようになりました。これによって、新人を育成しやすくなりました。採用に関して、私達の意見も取り入れていただけることで、育成の責任感も強くなりました。」

お問い合わせ例や動画内容

 人材像を明確にするために

・各部署の課題に対して、院長先生とスタッフに乖離がある

・スタッフが採用したい人材像が分からず、院長先生の要望が伝わっていない

・人材像に関するフィードバックを含めた情報共有の仕組み作りをお伝えいたします。

 現場での変化は下記の詳しくはこちらをご覧下さい。

詳しくはこちら

 詳しくは下記の「お問い合わせ」より人材像を明確にするとお伝え下さい。

 また、参画経営を実現するために各部署の経営課題の把握、スタッフ主導の人材像の検討、人材像のフィードバックなど具体的に取り組んでみたい場合は下記の「無料経営相談」よりご相談下さい。signature01

お問い合わせ 無料経営相談 WEBセミナー登録

WEB経営セミナー「さんかくすい」