整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

人材像を明確にする【職人から参画経営】

職人の先生の傾向

 整形外科診療所経営において、職人の院長先生が診察に集中するためにはスタッフの器量が重要です。そのためには教育をして、スタッフの能力を高めていかなければなりません。しかし、教育する側、される側とも人のため、人柄等が重要になってきます。

 その際重要なのは採用です。医院にとって良い人を採用できれば、教育の負担も減り、チームワームも良くなり、患者満足度も高まります。一方医院にとって育てづらい方を採用してしまえば、不満を持って働くことにより、お互いに良くありません。

 結局、採用活動に注力していなければ、マネジメントの負担がかかります。一方医院にとって良いスタッフを採用できれば、マネジメントの負担が減ります。そのため、経営者として最も重要なのは採用と捉えても良いです。

 患者さんも疾患の痛みが良くなるために来院するだけでなく、スタッフに会いたいと感じ、来院回数が高まります。また、スタッフ同士がフォローし合うことで、各部署の連携も良くなります。

職人の先生のニーズ

 職人の院長先生にとって、採用は重要だと感じていても、「どのような人を採用すればいいのか分からない」、「良いと思って採用しても、思った人とは違った」等採用の負担を減らしたいという想いがあります。

 そこで、採用活動をマーケティングと捉えます。まずは人材像を設定することから始めます。院長先生にとっては良いスタッフを採用したいという想いがありますが、その良い人とは全ての医院にとって、良い人とは限りません。そのため、その良い人の内容を具体化します。

 そのためには各部署の経営課題を考えることも大切です。スタッフを採用することで、部署の課題を解決できれば、それは部署にとって良いスタッフになります。そこで、スタッフにも求める人材像をヒアリングすることが重要です。

 患者さんにとっては部署内の雰囲気が良くなるため、質問しようという気持ちになり、医院のことや自身の疾患についてより理解できます。

参画経営で大切にしていること

 参画経営では院長先生が診察に集中するため、医院に適したスタッフを採用する仕組みを作ります。これにより、面接者や応募者を医院の経営の軸に応じて、根拠を持って判断できるようになり、成功事例が積み重なります。

 さんかくけいでは院長先生だけが採用活動を考えることはしません。これでは負担がかかり、院長先生だけが望むスタッフになり、部署内のスタッフと距離が生まれる可能性があります。

 そこで、さんかくけいでは院長先生が採用したい人材像の把握、部署内の課題を解決する人材像の設定、スタッフと採用活動の情報を共有する方法等をサポートします。

 これにより、患者さんは医院への信頼感が高まり、安心して来院することができます。また、スタッフもより働きやすくなるため、部署内の接遇力が高まります。

 下記の詳しくはこちらでは三方が良くなる「人材像を明確にする」について聞いた内容をお伝えします。

              詳しくはこちら

  応募者を増加する  採用活動を再構築する  面接を改善する

WEB経営セミナー「さんかくすい」