整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

面接を改善する【職人から参画経営】

職人の先生の傾向

 整形外科診療所経営において、職人の院長先生が診察に集中するためには医院にとって良い人材を採用することが肝心です。そのためには多くの応募者の中から良い人材を見極める面接に改善する必要があります。

 もし、面接から見極める能力を高めることができなければ、良い人材を見逃すことになります。今まで思ったような面接ではなかったとすれば、何かを変える必要があります。人は自分の考えのパターンがあるからです。

 一般的な面接ではスタッフの話す内容が定型化するため、面接慣れした人ほど評価してしまう傾向があります。面接慣れしているということは定着率が低いと捉えることができます。大事なことは入職後院長先生が思ったように活躍することです。

 患者さんにとっては印象が良いスタッフに診療してもらえることで、安心感が生まれるだけでなく、来院回数が高まります。院長先生からの評価が高いだけでなく、患者さんにとって親切か丁寧かが重要です。

職人の先生のニーズ

 職人の院長先生にとっては面接する負担は小さくありません。可能ならば少ない面接者から選びたいと思っています。そのため、面接する前に前向きではない可能性があります。これでは目の前の応募者の長所を引き出すことができません。

 ただ、新人スタッフが医院に適さない場合はその人の能力を発揮できないだけでなく、その部署のチームワークが乱れる可能性があります。そうなると院長先生にとっては新たなマネジメントの悩みが発生するかもしれません。

 そのため、面接ではどのようなスタッフが良いのか基準を設定し、それに合うのか客観的に判断することが重要です。何も判断軸を持っていなければ、その時の感情で何となく良いという理由によって、採用することになります。

 患者さんにとってはその部署のチームワークが乱れていることを把握でき、来院が遠のく可能性があります。また、新人スタッフは目立ちやすいため、接遇力に影響しやすくなります。

参画経営で大切にしていること

 参画経営では院長先生が診察に集中できるように効果的な面接の改善手法をご提案します。大事なことはいかに短時間で医院に適しているかどうか判断できることです。そして面接のノウハウを蓄積し、スタッフと共有します。

 さんかくけいでは院長先生だけが面接を考えることはしません。これでは負担がかかるだけでなく、改善点への視点が狭くなってしまいます。

 そこで、さんかくけいでは院長先生の面接基準の設定、部署の長所と課題をふまえた根拠作り、面接後のフィードバックの定着等をサポートします。

 これにより、患者さんはより自院への信頼感が高まり、新人スタッフの印象も良くなります。

 下記の詳しくはこちらでは三方が良くなる「面接を改善する」について聞いた内容をお伝えします。

               詳しくはこちら

  人材像を明確にする  応募者を増加する  採用活動を再構築する

WEB経営セミナー「さんかくすい」