整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

応募者を増加する【経営分析】

「応募者を増加する」の現状の課題

 院長先生とスタッフから応募者を増加することに対するお話を伺いました。

 院長「当院は募集を出しても応募者が集まりません。また、応募してもらっても、当院とは合致しないことが多いです。そのため、広告を出すことに躊躇しています。採用してもすぐに辞めてしまうこともあるため、正直どうすればいいのか分かりません。」

 院長「スタッフが退職してから採用するまでに時間がかかると、患者さんへの接遇力が落ちてしまいます。それだけでなく、スタッフの負担も増えるため、さらに退職が続くかもしれないと不安になります。患者さんもスタッフがいなくなることは不安だと思います。」

 スタッフ「経験者の方が良いです。経験者だと接遇に関して教育する必要もなくて、業務を教えやすいです。普段忙しい中で新しいスタッフに教育しなければならないため、経験者だと助かります。現場で教えるのは私達の役割なので。」

「応募者を増加した」の目標・ニーズの明確化

 院長「部署がさらに良くなるスタッフを採用したいですね。そのためには自分達の長所と課題を知ってもらう必要があります。私も話した方がいいのでしょうか。媒体を増やした方がいいのでしょうか、採用だけは費用を惜しまないと決めています。」

 院長「良いスタッフを採用することで、患者さんに好かれるといいですね。その際は採用活動をフィードバックすることで、良いスタッフを集めることにつながり、スタッフの育成も減るといいですね。そうなると接遇力も高まります。」

 スタッフ「採用についてみんながどのように考えているのか知りたいです。まずは先生の考えを教えてもらうことで、スタッフも動きやすいと思います。自分達が患者さんからどのように見られているかを意識するスタッフとそうではないスタッフがいます。」

このような医院で効果的です

 スタッフ数が多い、スタッフの定着率が良くない、競合が多い、職業紹介所からしか募集していない、資格者は採用したい、応募者が少ない、一般的な募集内容しか考えていない、基本的な条件に魅力が少ない

「応募者を増加する」の課題解決のためのご提案

 1つ目は各部署の長所を明確にして下さい。患者さんからの評価を高めるには長所を伝える必要があるため、さらに部署の長所を伸ばすスタッフを採用すべきです。

 2つ目は募集内容を決めます。応募者の心に響きやすいような文章を考えるため、スタッフの協力を促しながら、医院の長所を伝える内容を検討します。

 3つ目は募集媒体を選びます。今広告やインターネットなど多くの媒体があるため、費用対効果を考えて、最も良い媒体を選びます。

 下記の「詳しくはこちら」では経営アドバイス導入後、応募者を増加することに成功した事例を詳しくお伝えしております。

詳しくはこちら

  人材像を明確にする  採用活動を再構築する  面接を改善する

WEB経営セミナー「さんかくすい」