整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

応募者を増加する【職人から参画経営】

職人の先生の傾向

 整形外科診療所経営において、職人の院長先生が診察に集中するためには医院にとって良いスタッフを集めることが重要です。そのために採用に注力する必要があります。良い人材を採用するためには応募者を集める方が確率が高まります。

 応募者を集めるためには今までの採用活動を改善しなければなりません。応募者を集めることは集患と別に考える必要はありません。医院の長所を伝えることが応募者なのか患者さんなのかの違いです。

 もし一般的な採用活動しかしていなければ、他院と差別化できず、自院にとって良い応募者を集めることができません。そのため、スタッフマネジメントに負担がかかります。応募者を集めることができなければ、その中から採用するようになります。

 患者さんにとっては良いスタッフが集まっていることで、来院回数が増加します。その結果、疾患の痛みが緩和するだけでなく、接遇への印象が良くなります。

職人の先生のニーズ

 職人の院長先生にとって、応募者を集めることは採用に直結するわけではないので、積極的に取り組みづらくなります。つまり、応募者の中から採用すればいいと思うことや、自院にはそれほど魅力がないと感じる場合があります。

 また、応募者を増加するために積極的に採用活動することで、何か医院に問題があるのか、厳しいのでスタッフが辞めているのかと不安に思われると感じ、躊躇することもあります。スタッフマネジメントの負担を減らしたいと考えるからこそ、採用に注力することが必要です。

 つまり、スタッフの人柄が集患につながるため、採用とはマーケティングなのです。そのためには自院が採用したい人材像を設定し、その人材にとって魅力的な内容を抽出します。これはスタッフの意見を反映させながら実施すると、効果を高めることができます。

 患者さんにとっては地域の中で良いスタッフが集まっていれば、安心です。そのため、積極的に情報を発信しても既存のスタッフが評価されるため、前向きに捉えてもらえます。

参画経営で大切にしていること

 参画経営では院長先生が診察に集中するためには良いスタッフを採用することが重要です。良いスタッフがいれば、業務を移行できるだけでなく、自主的に現場を改善できます。

 さんかくけいでは院長先生だけが積極的に採用活動を実施することはしません。これでは負担がかかるだけでなく、院長先生が応募者を集めることに良いイメージを持っていなければ、効果が高まりません。

 そこで、さんかくけいでは院長先生が採用したい人材像の明確化、現在の採用活動の状況と改善策の提案、客観的な長所を抽出する方法等をサポートします。

 これにより、患者さんは今以上に満足度が高まり、情報共有も活性化します。また、スタッフも安心して、勤務することができます。

 下記の詳しくはこちらでは三方が良くなる「応募者を増加する」について聞いた内容をお伝えします。

               詳しくはこちら

  人材像を明確にする  採用活動を再構築する  面接を改善する

WEB経営セミナー「さんかくすい」