整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

応募者を増加する【成功事例】

 応募者を増加した成功事例の医院では各部署の長所の明確化、募集内容の決定、募集媒体の選定の3つに取り組みました。

 1つ目は各部署の長所を明確化しました。これは医院全体ではなく、各部署で考えました。医院全体ではスタッフが優しいなど抽象的なものになり、他院と差別化できません。そのため、該当部署が長所を明確化することで、より応募者に伝わり、応募部署の責任感が強くなりました。

 各部署でスタッフが主導になり、考えました。院長先生が主導にすると、採用した際に責任感が醸成しづらくなります。また、スタッフからのメッセージを募集内容に加えることで、より長所が伝わりました。

 2つ目は募集内容を決めました。募集内容は基本的条件だけでなく、医院の状況を伝えることで、働きがいを重視するスタッフが集まります。つまり、ターゲットを明確にしました。

 ターゲットを明確にすればするほど、その応募者には具体的に伝わりやすくなりますが、応募者は少なくなります。そのバランスを医院全体で検討しました。

 3つ目は募集媒体を選定しました。現在はチラシ広告、ネット広告、フリーペーパーなど多種多様な媒体があります。資格者や一般スタッフで応募しやすい媒体も異なります。まずは自院が採用したい応募者がどのような媒体を見ているのか考えました。

 現在は自院のインターネットも活用して、長所を訴求しました。つまり、応募者を採用すると決めてから考えるのではなく、普段から情報を発信しています。

参画経営の特徴を解説

 主任を中心に採用を考えています。最も部署の状況を把握しているのは主任クラスです。そこで応募者にどのような長所を伝えればいいのか、他のスタッフに働きかけ、部署全体で考えています。

 スタッフの良い雰囲気が伝わっています。地域で職業紹介所から多くの人材を集めている医院は地域内に評判が伝わっています。応募者は応募する前に家族や友人に評判を聞くことがあります。つまり、普段からの医療提供が応募者を集める際にも良い影響を与えています。

クライアントの声

 院長「採用の負担が減りました。うちはスタッフ数が多いため、採用する機会も多いです。そこで、一度採用活動に注力したことで、負担が減っています。また、定着率を高める施策も併せて検討しているため、効果が出ています。」

 スタッフ「スタッフを募集している部署が採用について話し合うようになりました。その際は応募者から見た自分達の長所と課題を考えているようです。また他部署から見てどうなのかアドバイスし合うことで、参考にしています。」

 現場での変化は下記の詳しくはこちらをご覧下さい。

詳しくはこちら

お問い合わせ例や動画内容

 応募者を増加するために

・自院がどこを応募者から評価されているのか分からない

・競合が多いが、情報発信に注力したことがない

・多数の応募者が集まる採用活動の構築をお伝えいたします。

 詳しくは下記の「お問い合わせ」より応募者を増加するとお伝え下さい。

 また、参画経営を実現するために各部署の長所の明確化、募集内容の決定、募集媒体の選定など具体的に取り組んでみたい場合は下記の「無料経営相談」よりご相談下さい。signature01

お問い合わせ 無料経営相談 WEBセミナー登録

WEB経営セミナー「さんかくすい」