整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

採用活動を再構築する

採用活動を再設計し、負担なく採用するには

 一元的な採用活動では良い人材を採用しづらいといえます。そのため、面接の修正など採用活動を再構築することです。つまり、マーケティングと捉えます。人材像を明確化し、その層に合わせて情報を発信します。その際はスタッフの雰囲気を伝え、他院と差別化します。応募するタイミング、定着率を高めることなど採用活動の工夫等を代表に聞きました。

2月第3週のサンプル動画

⇑2月第3週「採用活動を再構築する」サンプル動画(2分18秒:約18MB)音声あり

代表インタビュー

スタッフ「効果的な採用活動をするためにはどうすればいいですか?」

代表「スタッフの定着率が高くない場合は積極的に考えることが重要です。スタッフ数がいくら整形外科診療所は多くても、1人の能力は効率化や雰囲気に大きく影響します。」

スタッフ「採用はどのように捉えたらいいですか?」

代表「私達は採用活動はマーケティングの1種として考えることを推奨しています。」

スタッフ「マーケティングとは具体的にどういうことですか?」

代表「マーケティングとは欲しい人材像を明確にする、次にターゲットとなる層に魅力的に見える内容を検討する、さらにその層が目にする媒体を選ぶなど目的を持って、検討します。」

スタッフ「自院に適した人材を選ぶためにはどうすればいいですか?」

代表「面接の方法などを検討します。つまり、採用の体制を作り、その流れを維持・改善することで、より自院に適した人材を採用することが大事です。」

スタッフ「採用に力を入れた方がいいということですか?」

代表「私達は経営上採用を最も注力しても良いと考えています。もちろん患者さんは自身の疾患が良くなるだけでなく、スタッフの雰囲気が良いことも来院動機にもつながります。」

スタッフ「スタッフの雰囲気も評価されるのですか?」

代表「他施設では整形外科診療所の技術力では勝ることは難しいと考えているため、接遇力などを強化しています。」

スタッフ「その他に採用活動の工夫は何かありますか?」

代表「採用活動は各部署で変えることも効果的です。それは面接の参加者だけでなく、応募媒体や内容を変える事です。」

スタッフ「一元に応募しないということですね?」

代表「場当たり的な採用は確かにやりやすく、他院も同じように実施します。その方が楽なのですが、そうなると希望の応募者が魅力を感じなくなる可能性があります。」

スタッフ「だからこそ新たな取り組みを開始することが大事なんですね?」

代表「そうですね。注力することで希望のスタッフを採用することにつながります。」

スタッフ「どのタイミングで採用すればいいですか?」

代表「人が辞めてから採用するのではなく、余裕がある時期に自院に適した採用活動を検討することで、余裕を持って応募者を選ぶことができます。」

スタッフ「採用活動を再構築するとどのような医院で効果がありますか?」

代表「開業以来採用を見直していない。望んだ人材とは違うことが多い医院で効果的です。」

スタッフ「採用活動を再構築することでどのような目標を達成できますか?」

代表「採用の度にスタッフの力量を高めることができます。効率的に採用活動ができ、その分余裕が生まれます。」

このような状況や悩みはありませんか?

 応募を出しても、自院が望んだような応募者が少ない。また、定着率も良くないため、院長先生だけでなく、既存スタッフのモチベーションも下がっている。

 スタッフが定着しないことで、コストや負担がかかるだけでなく、患者さんにも影響がでるか不安を感じている。特に資格者が定着しないため、どのように取り組むのか分からない。

  多くの募集媒体に出しても、コストがかかるだけで、自院が望んだスタッフを採用することができない。また、スタッフに募集記事を依頼してもどのような点が長所か分からない。

 そこで、下記の『詳しくはこちら』では上記の職人の先生が参画経営を実現するための「採用活動を再設計する」についてお伝えします。

詳しくはこちら

      人材像を明確にする   応募者を増加する   面接を改善する

お問い合わせ 無料経営相談 WEBセミナー登録

WEB経営セミナー「さんかくすい」