整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

採用活動を再構築する【経営分析】

「採用活動を再構築する」の現状の課題

 院長先生とスタッフから採用活動を再構築することに対するお話を伺いました。

 院長「普段忙しくて、なかなか採用まで手が回りません。そのため、職業紹介所を活用して、良い方を採用しています。ただ、なかなか自院に適した人材がいないです。応募者が少ないから仕方ないと思いますが、やはりタイミングが大事ですよね。」

 院長「患者さんは新しいスタッフには興味があると思います。そのため、自院の患者さんやスタッフから好かれる人を採用したいですね。業務を覚えることももちろんですが、積極的に話しかけたり、話しかけやすい雰囲気がある方を採用したいです。」

 スタッフ「明るい方を採用したいです。私の部署はスタッフ数が少ないため、1人の雰囲気でチームワークが崩れることもあります。やっぱり人間関係が大事なので。人柄は後から教育することは難しいですよね。業務は教えることができますが。」

「採用活動を再構築する」の目標・ニーズの明確化

 院長「自院の状況を客観的に捉え、ホームページ等の情報発信を検討したいですね。そのためにはその情報と現在の医院の状況を連動させる必要があります。応募者の人材像を設定し、スタッフを巻き込みながら採用を進めたいと思っています。」

 院長「スタッフの育成の負担を減らしたいですね。スタッフは業務しながら、新人を教育しています。そのため、スタッフのためにも患者さんのためにも医院に溶け込みやすいような人間関係に考慮できるスタッフがいいですね。」

 スタッフ「自分達で採用したスタッフなら責任感が生まれます。応募する際は自分達のメッセージも届けたいですね。スタッフの人柄が接遇や口コミにも影響します。院長先生から採用に関してどのようなことを考えていらっしゃるのか伝えてほしいです。」

このような医院で効果的です

 スタッフ数が多い、採用活動に注力したことがない、採用に関してスタッフの意見を反映したことがない、定着率が良くない、競合が多い、いつも情報媒体が同じ、採用をサポートしてもらう人がいない

「採用活動を再構築する」の課題解決のためのご提案

 1つ目は応募者像を明確にして下さい。これが具体的なほど、効率的に採用することができます。院長先生とスタッフの考えの相違を知ることができます。

 2つ目は情報媒体と発信内容を検討します。同じコストをかけても、媒体と内容が弱ければ伝わりません。そのため、時間を設けて、じっくり考えます。

 3つ目は定着の施策を実行します。良いスタッフを採用しても、既存のスタッフの人間関係や業務の忙しさによって退職につながれば、意味がありません。

 下記の「詳しくはこちら」では経営アドバイス導入後、採用活動を再構築することに成功した事例を詳しくお伝えしております。

詳しくはこちら

  人材像を明確にする  応募者を増加する  面接を改善する

WEB経営セミナー「さんかくすい」