整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

モチベーションを高める【成功事例】

 モチベーションを高めた成功事例の医院ではスタッフの現状の想いの把握、スタッフのフォロー体制の構築、課題解決や提案を促す仕組み作りの3つに取り組みました。

 1つ目はスタッフの現状の想いを把握しました。モチベーションを高めるに各スタッフのモチベーションを把握しました。現状医院にどのようなことを思っているのか、モチベーションが高まるのはどのような時か、モチベーションを阻害する要因は何かなどを聞きました。

 院長先生が難しい場合は主任クラスに確認してもらいます。さらに主任クラスが課題解決に協力することで、より実行力を高めることができます。モチベーションが高いスタッフが多ければ、モチベーションの高さが浸透します。これは定期的な面談も効果的です。

 2つ目はスタッフのフォロー体制を構築しました。モチベーションは忙しくなると感じづらくなります。また、チームワークを構築できなければ、モチベーションを高めづらくなります。

 そのため、部署全体でスタッフをフォローする体制を構築したことにより、周りのスタッフに感謝し、患者さんとよりコミュニケーションがとれました。

 3つ目は課題解決や提案を促す仕組みを作りました。モチベーションを高める仕組みがなければ、常にモチベーションを考える必要があります。これではスタッフのモチベーションが部署の効率化やスタッフの関係性に左右されるため、診療に集中することができません。

 まずはモチベーションが低くなる原因を明らかにしました。これは個人の取り組みだけでなく、部署全体の取り組みも検討しました。主任クラスは負担に思っていないことでも、新人スタッフ等にとっては負担に感じていることがあります。

 次に提案を促す仕組みを作りました。提案することで患者さんからの評価を高め、モチベーションも高まりました。また、主任や院長先生が朝礼やミーティング、面談等で評価しました。

参画経営の特徴を解説

 スタッフの考えを日頃から把握しようとしています。業務だけでなく、お昼休み等にスタッフがコミュニケーションをとっているため、ある程度の人柄や性格が分かります。また、課題や提案もしやすい雰囲気もあるため、自分の働きが患者さんや医院に貢献していると感じます。

 主任クラスが話しやすい雰囲気を醸成しています。主任クラスが業務に関して、他のスタッフの意見を取り入れているため、働きやすいです。そのため、院長先生が他部署の主任クラスをフォローすることにより、医院全体にフォローが浸透しています。

クライアントの声

 院長「私が診療に集中できるようになりました。スタッフのモチベーションが高まったため、自ら課題を解決することで、好循環が生まれています。そのため、定着率も高まりました。やっぱり自主的に考えて、働いてもらうのがいいですね。」

 スタッフ「業務を改善しようという気持ちが生まれました。患者さんにもうちのスタッフの雰囲気やチームワークが良いと褒められることも増えました。また、患者さんからも話しかけられることが増え、モチベーションが高まります。

 現場での変化は下記の詳しくはこちらをご覧下さい。

詳しくはこちら

お問い合わせ例や動画内容

 モチベーションを高めるために

・スタッフは不満なく、業務をしてくれればいいと感じている

・スタッフの想いを把握する余裕がなく、方法も分からない

・スタッフ主導の課題解決や提案を促す仕組み作りをお伝えいたします。

 詳しくは下記の「お問い合わせ」よりモチベーションを高めるとお伝え下さい。

 また、参画経営を実現するためにスタッフの現状の想いの把握、スタッフのフォロー体制の構築、課題解決や提案を促す仕組み作りなど具体的に取り組んでみたい場合は下記の「無料経営相談」よりご相談下さい。signature01

お問い合わせ 無料経営相談 WEBセミナー登録

WEB経営セミナー「さんかくすい」