整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

モチベーションを高める【経営分析】

「モチベーションを高める」の現状の課題

 院長先生とスタッフからモチベーションを高めることに対するお話を伺いました。

 院長「モチベーションは医院が高めないといけませんか。企業は従業員に給与を支払い、従業員は対価として働く、そのような関係ですよね。もし私が何かモチベーションを与える施策をすれば、それに期待するようになります。そうすれば、常に何か与えないといけません。」

 院長「医院ではなく、患者さんから褒められるとスタッフもモチベーションが高まりますよね。そのためにはモチベーションを高めるだけでなく、一過性にならないようにモチベーションを維持することを考えなければなりません。」

 スタッフ「機嫌が悪いスタッフがいるため、それが気になりますね。私達は他院と比べて恵まれているのにそれに気づかないスタッフがいます。仕方ないのでしょうか。フォローしないと感謝しなければ、自ら高めることは難しいです。」

「モチベーションを高める」の目標・ニーズの明確化

 院長「主任の協力が不可欠ですね。私だけでは全てのスタッフを把握することができません。目標を達成するためにはスタッフの現状を把握して、対策を立てる必要があります。スタッフを孤立させては院長失格ですね。」

 院長「患者さんを笑顔にするためにはスタッフが笑顔でないといけません。そのため、スタッフの不満をなくすことが、患者さんの満足度につながります。働きづらくなれば、最悪の場合スタッフが退職すると、患者さんの不安につながるのは避けたいですね。」

 スタッフ「普段から雑談することで、そのスタッフの人柄を知りたいです。話してみるとその人の意外な面を知ることがあります。また、前向きに業務改善するためには余裕が必要ですね。余裕があれば、提案も生まれますよね。」

このような医院で効果的です

 スタッフの元気がない、主任クラスが機能していない、スタッフの定着率が悪い、主任クラスが業務に集中している、開業年数が長い、スタッフの意見を聞く余裕がない、もっと接遇力を高めてほしいと感じている、情報を共有する機会がない

「モチベーションを高める」の課題解決のためのご提案

 1つ目はスタッフの現状の想いを把握して下さい。モチベーションを高めるためには今のスタッフが感じている良い点と悪い点を知ることから始めます。

 2つ目はスタッフのフォロー体制を構築します。一人ではモチベーションを高めづらいため、院内でフォローし合い、お互いに高めます。

 3つ目は課題解決や提案を促す仕組りを作りましょう。現状の不満を解消するだけでなく、今後モチベーションをより高めるにはどうすればよいか話し合う機会を作ります。

 下記の「詳しくはこちら」では経営アドバイス導入後、モチベーションを高めることに成功した事例を詳しくお伝えしております。

詳しくはこちら

   評価制度を構築する   面談を実施する   自主性を高める

WEB経営セミナー「さんかくすい」