整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

モチベーションを高める【職人から参画経営】

職人の先生の傾向

 整形外科診療所経営において、職人の院長先生が診察に集中するためにはスタッフマネジメントが上手く機能することが大切です。これが上手くいかなければ、問題が発生することになり、常に対処しなければなりません。

 常に院長先生が現場にいないため、ある程度スタッフに任せることが必要です。もちろん、完全に不満がない職場はないため、スタッフがモチベーションを高めることが必要です。

 モチベーションが高まらなければ、現状維持のままでよいと思う、または患者さんよりスタッフ間の関係の方が気になる可能性があります。さらに不満を伝えることがなくても、気づいたら退職につながっている、定着率が高まらないという場合があります。

 患者さんにとってはスタッフがいきいきと働くことで、雰囲気が良くなります。また、現場での問題や提案をすぐに院長先生します。その結果、患者満足度が高まります。

職人の先生のニーズ

 職人の院長先生が診察に集中するためにもスタッフのモチベーションは重要です。ただ、職人の先生にとって、そこまで把握しなければならないのかと感じます。

 そのため、院長先生が主任クラスのサポートを促す等の仕組み作りが効果的です。つまり、スタッフ同士がフォローし合うことで、モチベーションを維持する体制を整えます。

 そこで、モチベーションが高いスタッフを中心に現場の不満を早期に把握し、改善できる提案を現場に反映します。経営者とスタッフでは捉え方が異なるため、任せることは効果的です。

 患者さんにとってはスタッフの雰囲気が良く、積極的に業務に取り組んでいるため、印象が良くなります。これにより、スタッフは患者さんから評価され、好循環が生まれます。

参画経営で大切にしていること

 参画経営では院長先生が診察に集中するため、スタッフのモチベーションを向上させる仕組みを構築します。これにより、主任を中心に長期的にモチベーションを維持できます。

 さんかくけいでは院長先生がモチベーションを把握し、個人毎に高めることはしません。これでは負担がかかり、モチベーションが高まりづらいスタッフに時間がとられる時があります。

 そこで、さんかくけいでは院長先生が目指しているモチベーションの基準、主任中心にモチベーションを高める仕組み作り、現場で早期に不満を汲み取れる方法等をサポートします。

 これにより、患者さんはスタッフへの評価が高まり、診察とスタッフの接遇力の良さという2つの評価が生まれます。また、スタッフはより働きやすくなるため、安心して勤務できます。

 下記の詳しくはこちらでは三方が良くなる「モチベーションを高める」について聞いた内容をお伝えします。

              詳しくはこちら

   評価制度を構築する   面談を実施する   自主性を高める

WEB経営セミナー「さんかくすい」