整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

面談を実施する【経営分析】

「面談を実施する」の現状の課題

 院長先生とスタッフから面談を実施することに対するお話を伺いました。

 院長「面談を実施する必要は感じているのですが、スタッフは改まって話すことは難しいと思います。やはり経営者と従業員ですし、私も不満を伝えられても、実行できるかは分かりません。どのくらい時間をとればいいですか。お互いの時間取られますよね。」

 院長「患者さんの状況を詳しく聞くことや患者さんへの接遇力を高めるために何ができるか相談したいことはありますね。ただ、スタッフは個人だけでは伝えづらいと思います。うちのスタッフはチームワークを大事にしているので。」

 スタッフ「院長先生と個人面談ですか。勤続年数が長いために今さら改まって話すことは思いつかないですね。必要なことなら、診療中や診療終了後に話しています。他のスタッフも同じように感じている可能性は高いです。」

「面談を実施する」の目標・ニーズの明確化

 院長「普段スタッフがどのようなことを考えているのか、どのように頑張っているのか知りたいですね。スタッフの頑張りと医院の方向性が合致すれば、スタッフもモチベーションが高まります。まずは私と話しやすいスタッフから始めればいいですかね。」

 院長「患者さんのために何ができるかスケジュールを決めてもいいですね。そのためには事前議題を決めて、予め考えるようにすれば、面談にも取り組みやすいと思います。テーマがあれば、話しやすいですよね。」

 スタッフ「面談の機会だけでなく、院長先生と普段でも話せればいいですね。いきなり新しい取り組みが始まる時があるので、実施理由を伝えてもらえると助かります。院長先生が期待していることを知れば、私達も意見しやすいです。」

このような医院で効果的です

 面談を実施したいことがない、現場での頑張りが分からない、スタッフのモチベーションを高めたい、主任クラスがいる、院長先生の想いが伝わっていない、普段挨拶程度しかかわさない、成果給ではない

「面談を実施する」の課題解決のためのご提案

 1つ目は院長先生の伝えたいこと・事前議題を明確にしましょう。院長先生が軸を決めていただくことで、スタッフの発言に左右されづらくなります。また、事前議題を決めることで、効率的に実施できます。

 2つ目は面談の仕組みを作り、実施します。面談の順番や時間などを予め決めることで、スタッフの納得性を高めることができます。

 3つ目はフィードバックして、スケジュール化して下さい。スタッフは他のスタッフが何を話しているのか、それについて院長先生がどのように考えているのか気になるため、今後の取り組み等を含めお伝えして下さい。

 下記の「詳しくはこちら」では経営アドバイス導入後、面談を実施することに成功した事例を詳しくお伝えしております。

詳しくはこちら

   評価制度を構築する   自主性を高める   モチベーションを高める

WEB経営セミナー「さんかくすい」