整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

面談を実施する【職人から参画経営】

職人の先生の傾向

 整形外科診療所経営において、職人の院長先生はスタッフと話すことが苦手な方が多いです。言い換えると苦手だからこそ職人の道を追求できるのだと思います。院長先生はスタッフと話すことの大切さは分かっているのですが、どのようにすればいいのか分からないと考えています。

 別のスタッフに聞くと、「院長先生が話すことはなくても、スタッフが話したいことがある」「話す機会を設定するのが大事」「雑談でもいい」などとお伝えされることもあると思います。しかし、院長先生は責任感が強いからこそ、取り組みづらくなります。

 スタッフと話を聞くことは重要ですが、そのためには院長先生は何を話したいのか、聞きたいのか予め設定しておくことが必要です。これがなければ、お互いに効果的に話せません。

 患者さんにとってはスタッフと院長先生の面談は関係ありませんが、院長先生はスタッフから患者さんの状況や提案を聞くことで、現場に反映できます。その結果、満足度が高まります。

職人の先生のニーズ

 職人の院長先生が診察に集中し、スタッフと面談しなければ、距離が生まれます。そのため、スタッフは不満があっても話さないようになり、現状維持が目標になってしまいます。もはや自主的に頑張ろうという気持ちより、チームワークを意識してしまいます。

 その結果、院長先生もスタッフの協力が期待できないと感じるため、診察に集中するようになります。ただ、知人の経営者もそのような方が多いため、安心するようになります。これでは院長先生の業務をスタッフに移行しづらくなります。

 そこで、院長先生は面談の仕組みを作ります。診察に集中したいからこそ面談します。これにより、お互いに話したいことがあれば、その機会を活用することができます。これは経営を向上させるヒントにもなります。

 患者さんにとっては自分の意見をスタッフに伝えることで、現場に反映されるため、安心感が生まれます。また、スタッフの不満が減るため、接遇力が向上し、印象も良くなります。

参画経営で大切にしていること

 参画経営では院長先生が診察に集中するため、スタッフの想いを把握できる面談の仕組みを作ります。そのために事前議題を明確化し、スタッフの想いを効率的に把握する体制を整えます。

 さんかくけいでは院長先生のみが主体的に話すことはしません。これではスタッフの想いを効率的に把握できないだけでなく、院長先生のみ負担がかかってしまいます。

 そこで、さんかくけいでは院長先生の事前議題の設定、スタッフの想いを面談で形にする方法、医院の状況に適した面談のスケジュール化等をサポートします。

 これにより、スタッフは話す機会があるため、患者さんに積極的に接することができます。その結果、働きがいも生まれます。

 下記の詳しくはこちらでは三方が良くなる「面談を実施する」について聞いた内容をお伝えします。

              詳しくはこちら

   評価制度を構築する   自主性を高める   モチベーションを高める

WEB経営セミナー「さんかくすい」