整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

自主性を高める【成功事例】

 自主性を高めた成功事例の医院では自主性が高いスタッフの選任、自主性の行動の基準作り、提案する仕組み作りの3つに取り組みました。

 1つ目は自主性が高いスタッフを選任しました。スタッフに接遇力を高めてほしいといってもイメージできなければ、高めることができません。また、スタッフ自身が自主性を高めた行動をしたいと思っても、他のスタッフの関係性を考慮して、行動しない場合があります。

 そこで、自主性が高いスタッフを選びました。そのスタッフをモデルにして、全体に浸透させました。ただ、そう考えると看護主任だけのため、受付とリハビリで計3名を選任しました。

 2つ目は自主性の行動の基準を作りました。院長先生には理想の行動がありますが、スタッフは現場で忙しく、慣れた行動をします。そのため、現場との乖離が生まれるため、まずは診察室から基準を検討しました。最初は負担がかかりますが、長期的な負担は減りました。

 その後選任したスタッフを中心に行動の基準を作りました。その際は院長先生からどのポイントが良いのか伝えることで、スタッフが気づかない自分の良さに気づき、モチベーションも高まりました。そして書面化し、段階に分けて、スケジュール化しました。

 3つ目は提案する仕組みを作りました。主任クラスが自主性が高ければいいのですが、新人スタッフ等にとってはもっとこうした方がよいと思う場合があります。また、患者さんからの要望を一部のスタッフが把握している可能性があります。ただ、遠慮して話さない場合もあります。

 そのため、ミーティングや朝礼などで話す機会を設定しました。また、機会がなければ、院長先生が主任クラスに伝える方法があります。これにより、提案しやすい雰囲気が生まれます。

参画経営の特徴を解説

 スタッフに院長先生の想いが伝わっています。そのスタッフが多く、主任もいるため、全体的に自主性が高いです。これにより、普段から部署の課題などを話し合っています。

 情報を共有する仕組みを作っています。例えば、朝礼や面談を自主性の基準を伝える機会として、活用しています。これにより、少しずつ自主性の基準を現場に落とし込んでいます。

クライアントの声

 院長「自主性が高まり、接遇が良くなっています。これによって、医院全体の評価が高まり、私が診療に集中できるようになりました。その結果、スタッフマネジメントについて考える余裕も生まれました。」

 スタッフ「先生の考えが以前より他のスタッフにも伝わりやすくなりました。昔は何か新しい行動を始めるため、スタッフの合意を得るまでに時間がかかっていました。それがすぐに行動に移せるため、働く手応えも感じるようになりました。」

 現場での変化は下記の詳しくはこちらをご覧下さい。

詳しくはこちら

お問い合わせ例や動画内容

 自主性を高めるために

・自主性が高いスタッフと低いスタッフがいるが、どのように指摘していいか分からない

・スタッフから提案があがってくることは少ない

・自主性を高める行動を現場に落とし込む仕組み作りをお伝えいたします。

 詳しくは下記の「お問い合わせ」より自主性を高めるとお伝え下さい。

 また、参画経営を実現するために自主性が高いスタッフの選任、自主性の行動の基準作り、提案の仕組み作り等具体的に取り組んでみたい場合は下記の「無料経営相談」よりご相談下さい。signature01

お問い合わせ 無料経営相談 WEBセミナー登録

WEB経営セミナー「さんかくすい」