整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

自主性を高める【職人から参画経営】

職人の先生の傾向

 整形外科診療所経営において、職人の院長先生が診察に集中するためにはスタッフが自主的に業務ができるかがポイントです。これにより、院長先生は現場でスタッフが自ら解決した結果を報告してもらうことができます。

 ただ、スタッフが自主性を発揮するのは容易ではありません。整形外科診療所は常勤、パート、性別、年齢、資格の有無等様々なスタッフが在籍しています。そのため、そのまま放置していれば、チームワークや現状を維持したいと考え、自主性が発揮できません。

 さらに本来は自主性を発揮したいスタッフでさえ、周りの評価を考えて、現状を維持するようになります。その結果、診察室スタッフの場合は院長先生が負担を抱え、患者さんの待ち時間が長くなります。

 患者さんにとってはスタッフが自主的に行動することで、印象が良くなるだけでなく、安心感も生まれます。その結果、来院回数が維持でき、口コミも期待できます。

職人の先生のニーズ

 職人の院長先生が診察に集中し、スタッフが自主性を高めるためには仕組みが必要です。現状のままで良い、不満なく働いてくれればよいと考えると、スタッフにも院長先生の想いが伝わり、自主性が高めづらいです。主任に任せることもできますが、注意しづらいものです。

 一般的な施設ではマーケティングやスタッフ教育など積極的に取り組むことで、他院と差別化を図っています。そのため、自主性を発揮することが最低限になります。これでは患者さんの評価が高めづらいだけでなく、患者数が維持しづらくなります。

 ただ、院長先生は自主性を高めるまで教育することは容易ではありません。これでは負担がかかり、スタッフによっては自主性を高めづらい場合と高めやすい等の影響もあります。

 患者さんにとっては自院だけでなく、他院と比べることで、潜在的な不満が生じている可能性があります。また、患者さんは自主性が高いスタッフより低いスタッフが気になります。

参画経営で大切にしていること

 参画経営では院長先生が診察に集中しながら、スタッフ同士が自主性を高める仕組みを作ります。そこで、患者さんのために効率化だけでなく、評価を高める基準を設定します。

 さんかくけいでは院長先生のみが現場で基準を設定し、行動に落とし込むことはしません。これではスタッフ同士の関係性が把握できないだけでなく、他部署の業務が詳しく分かりません。

 そこで、さんかくけいでは院長先生が目指している接遇力の基準の設定、スタッフが目指している基準の把握、接遇力を高める具体的な行動に落とし込む方法等をサポートします。

 これにより、スタッフは自主的に現場の課題を解決できるだけでなく、周りのスタッフをフォローする体制を整えます。また、自主性を高める提案を生む仕組みも作ります。

 下記の詳しくはこちらでは三方が良くなる「自主性を高める」について聞いた内容をお伝えします。

              詳しくはこちら

   評価制度を構築する   面談を実施する   モチベーションを高める

WEB経営セミナー「さんかくすい」