整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

『新人教育』整形外科経営

 新人教育は整形外科診療所において重要です。整形外科診療所はスタッフ数が多いため、新人が入職する機会も多いといえます。

 新人は育成する手間はかかりますが、医院が活性化し、新たな提案も生まれます。ただ、新人教育の体制を整えておかなければ、スタッフの不満にもつながります。

 今回4つの新人教育の施策についてお伝えします。

①業界動向を伝える

 1つ目は業界動向を伝えることです。初めて整形外科診療所で勤務する場合は業務に慣れるとモチベーションが低くなる場合があります。

 そこで入職時に業界動向を伝えることで経営意識が高まり、長期的に成長します。

 そのためにはスタッフも業界動向を把握し、院長先生の想いを把握します。

②社会人基礎力を高める

 2つ目は社会人基礎力を高めることです。新卒の場合は業務を吸収しやすいといえます。

 しかし、接遇等は疎かになる可能性があります。これでは採用により、戦力が低下します。

 そこで既存スタッフが指摘できればいいのですが、スタンスを育成するためにも早期に社会人基礎力を育成することです。

③教育体制を作る

 3つ目は教育体制を作ることです。新人スタッフが定期的に入職しても、教育の流れがあれば、スタッフの負担も減ります。育成段階も明確化します。

 また、新人スタッフも自習することができ、安心して業務に取り組むことができます。

 さらに育成ステップによりスタッフの評価につながります。

④教育者を教育

 4つ目は教育者を教育することです。育成するのは新人スタッフの力量だけが影響するのではありません。

 教育者を教育することで、新人スタッフが成長しやすくなります。

 教育者は早期に教育する役割だけでなく、メンタルもサポートすることで、定着率を高めることができます。

WEB経営セミナー「さんかくすい」