整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

業界動向を伝える【成功事例】

 業界動向を伝えた成功事例の医院では整形外科の業界動向のまとめ、医院の課題と長所の確認、参加者に期待することの確認の3つに取り組みました。

 1つ目は整形外科の業界動向をまとめました。医院だけで勤務しているとなかなか外部の情報が入ってきません。そのため、院内の些細なことが気になり、業務のみしていればいいと近視眼的な物の考えになってしまいます。また、主任クラスの自主性にも影響されます。

 また、医療機関での勤務経験があっても、整形外科は初めての場合もあります。そのため、何か問題が起こった際もこれは整形外科特有のものなのか、医院特有のものなのか判断できません。これを放置しておくと潜在的な不満につながります。

 そこで、院長先生から整形外科業界についてお伝えしました。ただ、診療報酬等を話してもスタッフはあまり関心を示さないため、整形外科診療所の経営の特徴を話しました。私達のクライアント先では私達のクライアント先の特徴をルール化した内容を伝えています。

 2つ目は医院の課題と長所を確認しました。整形外科業界をスタッフが理解しても、それが自院とどのような関係があるのかを理解する必要があります。そこで、医院の課題と長所について院長先生が何を感じているのか伝えました。また、他院の長所も伝えることは効果的です。

 3つ目は参加者に期待することを確認しました。明日には内容を忘れてしまう可能性があるため、参加者に何を期待しているのか、今後の経営においてどのように貢献してほしいのか伝えました。さらに今後の行動へのスケジュールまで落とし込むことで、理解が深まります。

参画経営の特徴を解説

 主任が他の病院や整形外科診療所で働いた経験があります。これにより、様々な角度から医院をみて、他のスタッフに伝え、フォローしています。院長先生の想いも代弁します。

 資格者が一般スタッフを積極的にフォローしています。概して資格者は一般スタッフよりもモチベーションを高めて勤務しています。これにより、一般スタッフも良い影響を受け、医院全体の自主性が高まっています。

クライアントの声

 院長「スタッフの経営意識が高まりました。今までは毎日平穏に働きたいという考えから、今後自分の働きが患者さんだけでなく、医院経営にどう影響するのか考えるようになりました。その結果、モチベーションに左右されることなく、働いてくれています。」

 スタッフ「当院で働いてよかったと思います。今までは医療業界を知らずに働いていたので、当院のことを考えたことはなかったです。それが客観的に業界動向を学んだことで、私の役割が分かりました。」

 現場での変化は下記の詳しくはこちらをご覧下さい。

詳しくはこちら

お問い合わせ例や動画内容

 業界動向を伝えるために

・どのように整形外科業界を伝えればいいのか分からない

・客観的に医院の課題や長所を伝えるのがはばかられる

・業界動向を伝えてから参加者の具体的な行動の落とし込みまでお伝えさせていただきます。

 詳しくは下記の「お問い合わせ」より業界動向を伝えるとお伝え下さい。

 また、参画経営を実現するために整形外科の業界動向のまとめ、医院の課題と長所の確認、参加者に期待することの確認など具体的に取り組んでみたい場合は下記の「無料経営相談」よりご相談下さい。

signature01

お問い合わせ 無料経営相談 WEBセミナー登録

WEB経営セミナー「さんかくすい」