整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

業界動向を伝える【経営分析】

「業界動向を伝える」の現状の課題

 院長先生とスタッフから業界動向を伝えることに対するお話を伺いました。

 院長「スタッフはパートも多いため、整形外科における業界に関心は薄いと思います。それに伝えるとしてもある程度の時間は必要ですし、資料を作る時間も確保する必要があります。それにも関わらず、スタッフの反応が薄いとやる気がなくなりますね。」

 院長「患者さんは他の施設などと比較して、当院に来院しています。そのため、スタッフもそのことを把握して、常に努力が必要なことを分かってほしいですね。多分他の施設や整形外科に通ったことがないスタッフもいると思います。そうなると視点が狭くなりますね。」

 スタッフ「業界動向を学んで、普段の勤務にどのようなメリットがあるのか分かりません。それよりも業務を改善する方法などを話し合った方が効果はあると思います。新人スタッフは学んだとしても、理解できない可能性もあります。」

「業界動向を伝える」の目標・ニーズの明確化

 院長「スタッフは自分事として医院のことを考えてもらえるといいですね。地域における自院の立ち位置を知り、自院の課題や長所を理解して、前向きに勤務してほしいです。スタッフが何気なく話し合うようになれば、理想的ですね。」

 院長「患者さんから期待されていることを業界動向からも考えるようになればいいですね。患者さんの日々高まる評価に対応できるように意識を高め合う必要があります。それを理解せず、働くことがこわいです。」

 スタッフ「人間関係に左右されず、働いてもらいたいです。新人スタッフも自ら接遇力を高めて、対応してほしいです。他のスタッフも新人には注意しづらいようです。スケジュールを明確にすることで、新たな取り組みを開始してもいいと思います。」

このような医院で効果的です

 開業年数が長い、新人スタッフが多い、競合が多い、患者数が多い、院長先生がスタッフとコミュニケーションをとる余裕がない

「業界動向を伝える」の課題解決のためのご提案

 1つ目は整形外科の業界動向をまとめて下さい。まずは先生が考えている業界動向を自由に考え、その後医院と関連性を持たせて、資料を作ります。半年後など期間を決めてフィードバックすることも効果的です。

 2つ目は医院の課題と長所を確認します。スタッフが理解しやすいように、また他のスタッフが注意しづらい点をふまえて、現在の長所と短所をまとめます。

 3つ目は参加者に期待することを確認して下さい。スタッフ全体に伝えると楽ですが、自分事ではないと考える可能性があります。そこで、ターゲットを決めて、伝える内容を検討します。

 下記の「詳しくはこちら」では経営アドバイス導入後、業界動向を伝えることに成功した事例を詳しくお伝えしております。

詳しくはこちら

   社会人基礎力を高める   教育体制を作る   教育者を教育する

WEB経営セミナー「さんかくすい」