整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

業界動向を伝える【職人から参画経営】

職人の先生の傾向

 整形外科診療所経営において、職人の院長先生が診察に集中するためにはスタッフの経営意識を高めることが重要です。経営意識が高まれば、自らの不満や要望ではなく、患者さんのためによりよい経営を実現する体制を築くことができます。

 経営意識を高めることができなければ、現状維持の業務体制から改善することができません。なぜなら、スタッフの感情に左右されるからです。これでは院長先生が改善するためにスタッフに説得することから始めなければなりません。

 しかし、常に業務を改善しなければ、地域の中の競合と差別化することができません。そのために院長先生は業界動向から伝えることが重要です。なぜならスタッフは医院のみという狭い視点が働いていることが少なくないからです。

 患者さんにとっては自分達の視点をスタッフが分かっているため、話しやすくなります。また、その内容を医院で共有することで、スタッフ主導型で経営意識を高めることができます。

職人の先生のニーズ

 職人の院長先生にとっては業界動向を伝えることは容易ではありません。なぜなら、診療に集中したい中で業界動向を伝えるためにはまとめなければならないからです。これにより、負担や時間がかかります。また、スタッフに合わせて、話すことも難しいです。

 つまり、スタッフに分かりやすく院長先生も納得できる内容をまとめることは時間がかかります。また、競合をどこまで設定するか、国の施策や介護保険との関連まで話すことを考えると時間がありません。

 大事なことはスタッフが理解できるだけでなく、明日からの現場での行動を変えることです。そのためには医院の長所と課題を客観的に伝えて、納得性を高めます。そこで、事前に質問や要望を聞いておくと効果的です。

 患者さんにとっては自院だけでなく、地域の中で診てもらえるという安心感が高まるため、来院回数が高まります。また、スタッフも視点が拡がるため、働きがいも生まれます。

参画経営で大切にしていること

 参画経営では院長先生が診察に集中できるように業界動向をまとめ、スタッフにお伝えします。その際は地域の特徴から地域内の介護やリハビリ施設まで含めて伝え、最後に医院の長所や課題、明日から実行することを具体的に伝えます。

 さんかくけいでは院長先生だけが業界動向をまとめることはしません。これでは負担がかかるだけでなく、スタッフがどの点に興味があるのか乖離が生まれ、効果が高まりません。

 そこで、さんかくけいでは院長先生が目指したい医院像の設定、他院での成功事例、医院の長所をふまえた行動への落とし込み等をサポートします。

 これにより、患者さんは地域内の自院の立ち位置が理解でき、スタッフへの信頼感も高まります。その結果、コミュニケーションが増え、医院内で情報を共有しやすくなります。

 下記の詳しくはこちらでは三方が良くなる「業界動向を伝える」について聞いた内容をお伝えします。

               詳しくはこちら

   社会人基礎力を高める   教育体制を作る   教育者を教育する

WEB経営セミナー「さんかくすい」