整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

教育者を教育する【経営分析】

「教育者を教育する」の現状の課題

 院長先生とスタッフから教育者を教育することに対するお話を伺いました。

 院長「教育者はある程度主任クラスに任せています。やはり業務を覚えているだけではなく、責任感があるスタッフの方が他のスタッフも安心することができます。新人スタッフもベテランに教えてもらった方が業務を覚えるのが早いと思います。」

 院長「患者さんの対応を維持するためには主任クラスが教育して、他のスタッフが業務に集中する体制をとることが効果的だと思います。主任クラスは自分で判断して、業務をフォローしたり、患者さんと会話できます。現場で教える方が覚えやすいですよね。」

 スタッフ「新人が入ってくる度に私が教えるのは正直大変です。全てのスタッフが教えやすいということではないですし、すぐに辞めてしまうとモチベーションも下がってしまいます。他のスタッフも私が担当すると思っているようです。業務に集中したいですね。」

「教育者を教育する」の目標・ニーズの明確化

 院長「主任以外の部署のナンバー2の力量が影響しますよね。主任が教育すると、現場で判断するのがナンバー2です。そのスタッフが責任感が強ければ、主任も安心して教えることができます。部署内で進捗状況を把握して、教育者と話す機会を設定できるといいですね。」

 院長「主任クラスが業務を担当してもらえると、全体の負担が軽減し、接遇力が高まります。その業務改善の方法を共有することで、教育者同士で情報を共有できます。特にスタッフの定着率を高めることで、効率化が維持できます。」

 スタッフ「新人スタッフの性格は大事ですよね。最初から教える内容の明確化やマニュアル化して、自習できるようにすれば、質問する機会も減り、覚えやすいのではないでしょうか。院長先生にも教育の状況に応じて、評価して欲しいです。」

このような医院で効果的です

 新人スタッフが多い、部署内のスタッフ数が多い、主任クラスがいる、部署の接遇力にバラつきがある、患者数が多い、時間帯によって患者数の差が大きい、競合が多い、開業年数が短い

「教育者を教育する」の課題解決のためのご提案

 1つ目は教育者を選びます。業務の習得状況や責任感を把握し、部署内のチームワークを考え、教育者を選びます。ただ、教育者の負担を考慮しなければ、モチベーションが下がります。

 2つ目は教育者と新人スタッフとの情報を共有します。これは現在の業務の習得状況を確認することだけでなく、不安点や疑問点を共有して、信頼関係も構築することができます。

 3つ目は教育の流れを書面化して下さい。これにより、基本的な業務を前向きに学べることができ、後はスタッフがより接遇力を高めるポイントを伝えることで、負担が軽減します。

 下記の「詳しくはこちら」では経営アドバイス導入後、教育者を教育することに成功した事例を詳しくお伝えしております。

詳しくはこちら

   業界動向を伝える   社会人基礎力を高める   教育体制を作る

WEB経営セミナー「さんかくすい」