整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

教育者を教育する【職人から参画経営】

職人の先生の傾向

 整形外科診療所経営において、職人の院長先生が診察に集中するためにはどのスタッフでも同じ業務ができるように組織を作ることが大切です。つまり、誰が抜けても業務がまわるシステムを構築にするということです。これにより、院長先生も依頼しやすくなります。

 しかし、院長先生は忙しいため、診察室ならば教育状況は分かりますが、受付やリハビリ室は状況が分かりづらいです。そのため、主任クラスにある程度任せなければなりません。そこで、主任クラスの教育能力に部署内のスタッフの育成が影響されます。

 通常部署内の最も勤続年数が長いスタッフが教育することが何となく決まっています。しかし、そのスタッフは業務を覚えてから時間が経過しているため、どの点が分かりづらいか分からない可能性があります。さらに新人スタッフも話しづらい可能性があります。

 患者さんにとってはスタッフ全員が同じ業務ができることで、安心感が生まれます。もちろんスタッフに教育すると患者さんへの接遇力が落ちる可能性があるため、まずは基本的な接遇力を維持することが大切です。

職人の先生のニーズ

 職人の院長先生が診察に集中するためにはスタッフに教育を任せることで負担が減ります。そのため、円滑に業務ができていると思っても、教育者の負担がかかっていることや新人スタッフの潜在的な不満がたまっている可能性があります。

 これはスタッフの問題ですが、患者さんにも業務の基準のバラつきが生じ、部署内のレベルが高まりません。そのため、知らず知らずのうちに医院全体の評価が下がってしまいます。

 ただ、院長先生は主任クラスに期待している部分が多いため、業務に集中してほしいと感じ、肩入れするのは仕方ありません。そのため、適切な教育者を選び、教育者と教育される側の情報を共有することが効果的です。

 患者さんにとっては業務内容が変わらず、部署内のチームワークが良いままなので、印象が良いです。さらに部署内のレベルが維持できるため、来院回数も維持できます。

参画経営で大切にしていること

 参画経営では院長先生が診察に集中できるように教育者を選定し、教育体制を改善します。誰でも教育者になり、新人への教育内容が統一できるように教育の流れやマニュアルを作ります。

 さんかくけいでは院長先生だけがマニュアルを作ることはしません。これでは負担がかかるだけでなく、院長先生も教育者や新人スタッフの教育状況が分かりません。

 そこで、さんかくけいでは院長先生が望む教育者の選定、新人スタッフに求める業務の基準の明確化、教育の流れやマニュアルの仕組み作り等をサポートします。

 これにより、患者さんは主任クラスが効率化に貢献するため、待ち時間が短くなります。また、自分の情報を医院全体が把握しているため、安心して来院することができます。

 下記の詳しくはこちらでは三方が良くなる「教育者を教育する」について聞いた内容をお伝えします。

                詳しくはこちら

  業界動向を伝える  社会人基礎力を高める  教育体制を作る

WEB経営セミナー「さんかくすい」