整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

教育体制を作る【職人から参画経営】

職人の先生の傾向

 整形外科診療所経営において、職人の院長先生が診察に集中するためにはスタッフの戦力を維持することが重要です。つまり、スタッフが替わっても効率化を維持できる体制等を整えておくことです。これがなければ、退職の度に経営が不安定になります。

 そのためにはスタッフの教育体制を作ります。これがなければ、スタッフの交替の度に教育を考える必要がでてきます。そこで、教育体制を作ることで、長期的にスタッフに教育を任せることができます。

 ただ、スタッフの教育の基準を設定しておくことが重要です。これがなければ、院長先生が教育の効果を確認することができず、既存も新人スタッフも状況を共有することができません。

 患者さんにとってはスタッフの全体的な業務遂行能力が落ちているため、印象が良くありません。また、既存のスタッフもフォローすることが増えるため、負担がかかってしまいます。

職人の先生のニーズ

 職人の院長先生にとってはスタッフ教育のことは主任クラスに任せて、診察に集中したいと思うものです。例え、新人スタッフが既存スタッフと比較して少し動きが遅くても、フォローし合ってほしいと思うものです。

 しかし、既存スタッフは新人スタッフの態度があまり良くない、院長先生にも相談したい等と思う可能性があります。そのため、潜在的な不満や負担を抱えるようになり、既存スタッフの退職につながる可能性が高くなってしまいます。

 また、新人スタッフも安心して勤務することができません。最初は覚えなければという焦燥感が強くなるかもしれませんが、教育体制に沿って覚えることで、安心感が醸成できます。また、自信にもなり、教育体制の成功事例が積み重なります。

 患者さんにとっては新人スタッフが順調に成長していることを見るため、安心します。また、チームワークの良さに気づき、医院への印象が良くなります。

参画経営で大切にしていること

 参画経営では院長先生が診察に集中できるように院内の教育体制を整えます。そのためにはスタッフの協力が不可欠です。スタッフは教育しながら、業務を遂行しているため、それに配慮することが重要です。

 さんかくけいでは院長先生だけが教育体制を作ることはしません。ただ、院長先生が効果を確認する教育体制を整えます。これがなければ、スタッフも安心できません。

 そこで、さんかくけいでは院長先生が望む教育基準の明確化、既存スタッフの業務遂行状況と教育への想いの把握、新人教育のフォロー体制の構築等をサポートします。

 これにより、患者さんは安心して長期間来院できるため、自院は地域の中で必要な存在になります。また、新人スタッフがのびのびと働くため、医院全体の接遇力も高まります。

 下記の詳しくはこちらでは三方が良くなる「教育体制を作る」について聞いた内容をお伝えします。

                詳しくはこちら

   業界動向を伝える   社会人基礎力を高める   教育者を教育する

WEB経営セミナー「さんかくすい」