整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

社会人基礎力を高める【現場】

 新卒スタッフを採用する場合、早期に退職させないことがポイントです。そのためにはメンターをつけ、不満の解消に努めることです。

 新卒スタッフは基準とするものがありません。だからこそ、自分勝手に判断してしまうことがあります。

 そのため、患者目線でアドバイスすることが大切です。これにより、自分の役割を認識することができます。新卒スタッフを早期に育成するためにはどうしても業務が中心になってしまいます。

 その結果、ある程度育成できると既存スタッフも注意しづらくなります。だからこそ、新卒スタッフに対して、長所と短所を認識させ、早期に注意し、育成することです。

 そのためにも医院として、振り返る機会を作ることです。忙しい中ではどうしても考えづらくなります。

 

 新卒スタッフは患者対応を考えるにあたって、どうしても他のスタッフに迷惑をかけられない、待ち時間を減らしたい等短絡的に物事を考えてしまいます。そのため、余裕がなくなり、雰囲気も向上しづらくなります。

 ただ、新卒スタッフには悪気はなく、知らないだけです。だからこそ、世代を意識して対応できるように評価ポイントを伝えることです。

 その際は考える時間をしっかり設けることです。考えることができれば、応用力を高めることができます。これらが積み重なると先を読んで行動できるようになります。

 これにより、既存スタッフも刺激を受け、全体の接遇力が高まります。院長先生も新卒スタッフを通じてアドバイスすることで、既存スタッフにも伝えることができます。

 

 新卒スタッフを育成する前に医院として教育体制を整えているのか振り返ることです。

 例えば、医院文化として、何を大切にしているのか、今表現できているのか、現状の課題は何か考えます。

 そして、それを新卒スタッフが入職することで、戦力が高めるのか考えることができます。そのためにも既存スタッフに目的を伝えることです。

 これにより、既存スタッフも自分達の行動を振り返る機会になります。新卒は目立ちやすいからこそ、医院全体でバックアップすることが大切です。

 早期に物事を考える癖をつけることで、議論のきっかけになります。また、後の成長速度が変わるため、新卒スタッフの戦力に期待する事が可能です。新卒を迎える体制作りは経営の向上につながります。

  業界動向を伝える  教育体制を作る  教育者を教育する

WEB経営セミナー「さんかくすい」