整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

社会人基礎力を高める【経営分析】

「社会人基礎力を高める」の現状の課題

 院長先生とスタッフから社会人基礎力を高めることに対するお話を伺いました。

 院長「新人スタッフは退職するスタッフの替わりに採用したので、早く業務を覚えてほしいですね。そうでなければ、既存スタッフの負担を減らすことができません。業務をしながら、教えることは大変だと思いますので。新人スタッフもそれは分かっていると思います。」

 院長「患者さんは新人スタッフには優しいと思います。だからこそ新人はそれに甘えることなく、成長してほしいですね。挨拶をすることなど新人だからできないというものはありませんので。それを患者さんも見ているので、話しかけやすさも変わると思います。」

 スタッフ「私達が人柄を育てることは難しいので、自ら復習するなど覚えるという姿勢があればいいですね。なかなか注意しづらいですし。注意することで他のスタッフの雰囲気が悪くなるのだけは避けたいです。」

「社会人基礎力を高める」の目標・ニーズの明確化

 院長「うちの色に合ったスタッフに育ってほしいですね。そのためには部署内だけでなく、部署間で長所を連動し、育成の進捗状況を把握したいですね。主任と話すために振り返りの時間を設定する必要があります。」

 院長「新人スタッフを採用することで、患者さんからの評価を高めたいですね。患者さん目線でスタッフに期待していることを伝え、それを朝礼等で共有するといいかもしれません。違う視点から業務を捉えることにつながります。」

 スタッフ「他のスタッフの動きも良くなっています。やっぱり新人スタッフは覚えるのが早いですね。以前より雰囲気が良くなったので、これからも積極的に発言してほしいです。私達も参考になります。気が引き締まります。」

このような医院で効果的です

 新人スタッフが多い、主任クラスの経営意識を高めたい、競合が多い、開業年数が短い、患者数が多い

「社会人基礎力を高める」の課題解決のためのご提案

 1つ目は新人スタッフの長所と課題を把握して下さい。早期に戦力化するためには短所を是正していては難しいです。そのため、長所を伸ばす業務から覚えることが効果的です。褒めるきっかけにもつながります。

 2つ目は自院における社会人基礎力を設定します。自院が取り組みやすい項目や今自院で必要な項目を明確化し、育成して下さい。基礎力を絞ることで、集中して取り組むことができます。

 3つ目は社会人基礎力を現場に落とし込みましょう。社会人基礎力と現場が乖離しては育成することができません。そのため、新人スタッフだけでなく、他のスタッフも巻き込みながら現場に落とし込みます。

 下記の「詳しくはこちら」では経営アドバイス導入後、社会人基礎力を高めることに成功した事例を詳しくお伝えしております。

詳しくはこちら

   業界動向を伝える   教育体制を作る   教育者を教育する

WEB経営セミナー「さんかくすい」