整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

社会人基礎力を高める【職人から参画経営】

職人の先生の傾向

 整形外科診療所経営において、職人の院長先生が診察に集中するためにはスタッフの教育体制を整える必要があります。今まで医療機関で勤務していたスタッフならば即戦力に可能性がありますが、新人スタッフの場合は不可欠です。

 新人スタッフは真っ白なため、忙しくてもそれが基準となり、不満を抱きにくいです。また、癖がないため、医院独自の業務を覚えやすくなります。さらに医院の雰囲気も高まります。

 しかし、新人スタッフは業務を覚えることが早くても、話し方等基本的なことができていない場合があります。これにより、いかに業務ができても、患者さんからの評価を高めることができません。やがて医院全体の評価に影響します。

 患者さんにとっては若手新人スタッフの存在により、医院の雰囲気がよくなり、話しかけやすくなります。また、丁寧な接遇を受けることで、期待をこえて、印象が高まります。

職人の先生のニーズ

 職人の院長先生にとっては新人スタッフは覚えることが早いため、業務を集中して教えることで、早期に育成できます。また、柔軟性もあり、体力もあります。ただ、院長先生にとっては随時育成するのは負担がかかり、積極的でない場合が多いです。

 地域の整形外科診療所において優秀な既存スタッフばかり採用するのは容易ではありません。そのため、新人スタッフを上手に活用することで、効率性が高まります。それができなければ、開業年数が長くなるにつれて、医院の戦力が落ちてしまいます。

 特に接遇力が高い医院ほど新人スタッフの社会人基礎力を高める必要があります。やはり比較されるからです。また、新人スタッフは自分の接遇に自覚がない場合があるため、基準を浸透して、少しずつ高めることが重要です。

 患者さんにとっては若手新人スタッフはどうしても目立ってしまうため、新人スタッフの接遇によって医院の評価が決まります。接遇で判断されると業務への安心感が高まりません。

参画経営で大切にしていること

 参画経営では院長先生が診察に集中できるように新人スタッフの教育体制を整えます。これにより、業務を移行できるだけでなく、医院全体の接遇力を高めることができます。

 さんかくけいでは院長先生だけが接遇を教育することはしません。これでは負担がかかるだけでなく、スタッフも遠慮し、萎縮します。また、スタッフも教育しづらくなります。

 そこで、さんかくけいでは院長先生の接遇力の基準の設定、新人スタッフの長所と想いの把握、教育スタッフの任命とフォロー体制の構築等をサポートします。

 これにより、患者さんは医院の教育体制の高さを評価され、口コミを発生しやすくなります。また、新人スタッフは患者さんから評価され、定着率が高まり、働きがいも生まれます。

 下記の詳しくはこちらでは三方が良くなる「社会人基礎力を高める」について聞いた内容をお伝えします。

              詳しくはこちら

   業界動向を伝える   教育体制を作る   教育者を教育する

WEB経営セミナー「さんかくすい」