整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

看護師がより活躍する【現場】

 院長先生が最も相談しやすいのはナース、特に看護主任です。そのため、忙しい中で院長先生が部署やスタッフの状況を把握するためには看護師の協力が不可欠です。

 看護師が活躍するほど、院長先生は診察に集中することができます。通常看護師は業務を最も把握しているため、自ら業務を遂行するだけでなく、医院全体を把握するプレイングマネジャーとして育成することができれば、院長先生はより診療に集中しやすくなります。

 看護師が最も医院の状況を把握しているため、院長先生は看護師に依頼することが多いです。そのため、ナースには負担がかかっている可能性があります。そこで、今後依頼する際には別のスタッフも対応できる体制を整えることができれば、効率化にも貢献できます。

 もちろん、看護師が業務に集中できているからといって、ナースのモチベーションが高いとは限りません。

 

 そのため、診察業務の一部を看護助手等に移行することができれば、余裕が生まれ、+αの業務を担当するアイデアも生まれます。その結果、競合との差別化につながります。

 ナース、特に看護主任は自主性が高い方が多いです。そのため、他のスタッフも院長先生と看護主任の距離感や話し方をモデルにして、院長先生に提案するようになります。つまり、他のスタッフは看護師以上に自主性を高めることは難しいといえます。

 であれば、看護主任に医院の一部のマネジメントを担当してもらえば、全体のレベルが高まります。そのためには院長先生と看護主任が1つずつ目標を立て、スタッフの協力を得ながら、現場に落とし込むことです。

 

 今までは院長先生が考えたアイデアを看護主任の協力を得ながら、トップダウンで形にすることが多かったと思います。これは実現しやすいのですが、医院全体の自主性が高まりません。

 そのため、今後は看護師が他のスタッフと協力し、現場の意見を汲み取り、ボトムアップで実行します。

 これにより、新たな取り組みが開始できます。今まで以上に院長先生が診療に集中しながら、スタッフの働きがいと働きやすさが両立できる新たな体制を目指せます。その結果、患者満足度も高まります。

  患者数を分散する  医療クラークを育成する  看護助手を育成する

WEB経営セミナー「さんかくすい」