整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

看護師がより活躍する【職人から参画経営】

職人の先生の傾向

 院長先生は診察に集中したいと考えているため、看護師の協力が不可欠です。看護師は開業年数が長い場合、患者さんの顔や名前を覚えているだけでなく、診察内容も把握しているため、先手を打って準備や効率的に動くことができます。

 待ち時間を減らし、院長先生の診察の負担を減らすためにも看護師の役割は重要です。

 しかし、看護師、特に看護主任が他のスタッフとコミュニケーションをとりづらければ、診察室が孤立してしまうため、診察室内の業務が円滑であっても、院内全体の待ち時間を短縮することができません。

 さらに院長先生は看護師から他部署やスタッフの状況を把握できません。そのため、診察の満足度が高くても、他部署との業務や接遇の乖離がでるため、印象が良くなりません。

 そこで、看護師がより活躍する体制を作ります。もし看護師が業務だけに集中すれば、他部署と連携を強化することができません。

職人の先生のニーズ

 院長先生は診察に集中するためにも、看護師を中心に他部署と連携をとりたいと考えています。また、スタッフから診察への確認事項に対して、全て院長先生に伝えるのではなく、まずは看護師に伝えて、判断してほしいと思っています。

 さらに他のスタッフは院長先生には言いづらくても、同じスタッフの看護師には相談しやすいため、看護師なら院長先生に言いづらいことを伝えて、経営の工夫のヒントにできます。不満を早期に解消することもできます。

 できれば、院長先生は看護師だけとコミュニケーションをとることで、スタッフマネジメントを完了したいと考える場合もあります。つまり、院長先生と看護師がタッグを組むことで、経営者の役割を果たします。

 そこで、看護師がより活躍する体制を作ります。まずは看護師の業務を他のスタッフに移管することで、看護師の負担を減らします。これにより、院長先生がフォローして欲しい時に先手を打って行動できるだけでなく、他部署の状況をリアルタイムで把握できます。

参画経営で大切にしていること

 参画経営では看護師の業務と役割を少しずつ拡大していきます。なぜなら看護師の業務を拡大しすぎると、負担がかかりすぎて、退職につながり、院長先生が依頼したい業務ができない場合があります。役割を拡大しすぎると院長先生が遠慮する場合があります。

 さらに看護師のモチベーションの維持を重要視しています。そのため、看護師の業務の負担を減らすことや、他のスタッフと情報を共有しやすい工夫をしています。これにより、患者さんも看護師に話しやすくなり、診察の印象が良くなります。

 そこで、さんかくけいでは看護師の診察業務を移行する流れの作り方、看護師から情報を収集する体制作り、看護師が提案しづらいことを話す仕組み作り等をサポートしています。

 看護師がより活躍することで、診察室の余裕が生まれるだけでなく、説明を補足してもらうことが可能です。また、常に院長先生の後ろに控えて、いつでも業務を依頼することができます。

 下記の詳しくはこちらでは三方良しの「看護師の活躍」について聞いた内容をお伝えします。

              詳しくはこちら

   患者数を分散する   クラークを育成する   看護助手を育成する

WEB経営セミナー「さんかくすい」