整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

看護師を活用する【経営分析】

「看護師を活用する」の現状の課題

 院長先生とスタッフから看護師の活用に対するお話を伺いました。

 院長「現在私のサポートは勤続年数が長い看護師が担当してくれているため、特に他のスタッフのフォローの必要性は感じません。新たなスタッフが入ることで、今の流れが滞る方がリスクがありますね。」

 院長「患者さんも看護師の顔を覚えているため、安心していると思います。診察はリハビリとは異なり、多少待ち時間が長くても、患者さんは待ってもらえると思います。」

 スタッフ「私が診察室に入ることで、患者さんから不安がられるのが嫌です。また、今は仲が良いナースも何を教えていいのか分からないと感じると、働きづらくなるかもしれません。」

「看護師を活用する」の目標・ニーズの明確化

 院長「スタッフの帰宅時間が早くなるといいですね。現在ありがたいことに夕方以降も患者さんに来院してもらえるため、診察終了がどうしても遅くなります。そうなると他部署も残っているようです。また、看護主任にも負担がかかっているため、辞められると厳しいです。」

 院長「看護師の負担が減るといいですね。患者さんに丁寧に説明したり、患者さんからの質問に答えてもらえると助かります。これにより、診察室に笑顔が増えて、雰囲気が良くなると思います。」

 スタッフ「ナースは普段忙しいと思うので、何か手伝えたらと思う時があります。何か1つ業務を教えてもらえれば、できると思います。チームワークには自信があります。」

このような医院で効果的です

 診察室のみ業務終了時間が遅い、看護師が前向きである、看護師の人数が少ない、忙しい時間帯と余裕のある時間帯の差が大きい、スタッフの接遇力が高い

「看護師を活用する」の課題解決のためのご提案

 1つ目に看護師の考えを把握して下さい。看護師は院長先生のサポートに慣れているため、忙しくなると効率化しようと考えるのではなく、負担をかかえるようになります。

 2つ目は看護業務の移管を検討します。その際は長所を軸に考えます。業務を効率化できても、長所が発揮できなければ意味がありません。これにより、お互いの業務を見直すきっかけが生まれます。

 3つ目は教育体制を仕組み化します。これにより、診察業務を見直すことに加え、業務の効率化につながります。その後、業務を1つずつ移管するスケジュールを作りましょう。

 下記の「詳しくはこちら」では経営アドバイス導入後、看護師の活用に成功した事例を詳しくお伝えしております。

詳しくはこちら

  患者数を分散する   患者数を分散する   患者数を分散する

WEB経営セミナー「さんかくすい」