整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

看護師を活用する【成功事例】

 看護師を活用した成功事例の医院では看護師の想いの把握、看護業務の移管の検討、教育体制の仕組み化の3つに取り組みました。

 1つ目は看護師の想いを把握しました。通常看護師は診察のサポートという重要なポジションを担っており、働きがいをもって自主的に働いている場合が多いです。それを診察を効率化したいという理由で業務移管を進めると看護師の協力が得づらくなると考えました。

 そのため、現状の診察体制について看護師が何を感じているか把握しました。もし、現状が最もいい、スタッフに教えることが負担である、自分がやった方が早いと考えている可能性があれば、看護師に目的を理解してもらう必要がありましたが、この医院では必要なかったです。

 2つ目は看護業務の移管を検討しました。看護師が何から移管すればいいのか院長先生と看護師で検討しました。これにより、看護師の負担が軽減し、より重要な業務に集中できるようになりました。その後、効果を看護師が感じるとより前向きに効率化を進めることができました。

 業務内容は説明ツールや模型などを渡す診察業務の一部と、清掃やカルテ整理などの事務作業に分けました。

 3つ目は教育体制を仕組み化しました。診察をサポートするスタッフが育ってくるとそのスタッフしか業務に取り組むことができず、負担がかかると考えました。そのため、誰でも業務を担当できる教育の仕組みを作りました。

 これは1人目を教育した時より簡単でした。なぜなら、院長先生も看護師も教え方に慣れただけでなく、1人目が2人目を自信を持って、教えることができました。

参画経営の特徴を解説

 看護師が前向きです。職人型の看護師の場合、自分1人の方が早いという想いがあります。そうなると患者さんの待ち時間が長くなり、スタッフの帰宅時間も遅くなります。つまり、業務ができるだけでなく、いかに早く対応できるかも考えています。

 また、一般スタッフの業務を覚えるスピードに配慮しています。看護師からみるとスタッフの覚えが悪いと感じる時があります。ただ、スタッフからすれば、診察室に入ることにも抵抗がある可能性があるため、業務を絞り教えています。普段からの看護師とスタッフの仲も良いです。

クライアントの声

 院長「一般スタッフが診察室で業務をサポートしてもらうことで、私の負担が減りました。また、看護師の業務に対する考えを把握することができました。看護師も効果を感じて、以前より前向きに業務に取り組むようになりました。」

 スタッフ「私達が業務をお手伝いすることで、待ち時間が減っていることが実感できて、嬉しいです。また、他部署のスタッフも診察室の雰囲気が良くなったと言われます。院長先生との距離も縮まったと思います。」

 現場での変化は下記の詳しくはこちらをご覧下さい。

詳しくはこちら

お問い合わせ例や動画内容

 看護師を活用するために

・看護師の現状の想いを知り、活用する手法を知りたい

・診察を効率化するためにスタッフへの協力の促し方を知りたい

・看護師だけのサポートで効率化に取り組むことも可能かなどをお伝えさせていただきます。

 詳しくは下記の「お問い合わせ」より看護師の活用とお伝え下さい。

 また、参画経営を実現するために看護師の想いの把握、看護業務の移管の検討、教育体制の仕組み化など具体的に取り組んでみたい場合は下記の「無料経営相談」よりご相談下さい。

signature01

お問い合わせ 無料経営相談 WEBセミナー登録

WEB経営セミナー「さんかくすい」