整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

クラークを育成する【経営分析】

「クラークを育成する」の現状の課題

 院長先生とスタッフからクラークの育成に対するお話を伺いました。

 院長「クラークを育成するより患者さん1人のおおよその診察時間を把握して、流れが分かっている私が全て対応した方が結局早いと思う。看護師は電子カルテ等の操作に慣れていないですし、一般スタッフも診察室では何をしていいのか分からないと思います。」

 院長「患者さんは診察時にドクターと話をすることで、安心していると思います。そのため、ドクターが何気ない患者さんの話を聞くことも治療につながっています。患者さんも一般スタッフが診察室にいることは不思議に思います。」

 スタッフ「私達はいつもの動き方に慣れているため、今さらなぜ診察室に入るかが分かりません。面接時に受付とリハビリ助手の業務をするように聞きました。ナースも自分達とは業務がそもそも違うため、教えてづらいと思います。」

「クラークを育成する」の目標・ニーズの明確化

 院長「忙しい時はもう少し業務をスタッフにお願いしたいと思うが、それを伝える余裕がないですね。もう少し余裕があれば、何人か先まで患者さんを把握できるため、待ち時間を減らせると思います。そうすれば、自分としてもゆとりがでますね。」

 院長「患者さんにゆとりを持って、診察したいですね。早く診察しているつもりはないのですが、患者さんの方からドクターが忙しいと思われているようです。申し訳ないですね。そのため、夕方の前まではできるだけゆっくり話をしています。」

 スタッフ「余裕がある時は自分達も他部署を手伝いたいなと思うことはありますが、実際何を手伝えばいいのか分かりません。そうすれば、もう少し患者さんの待ち時間が減らせると思います。患者さんからの視線が気になることがあります。」

このような医院で効果的です

 電子カルテを導入しておりもう少し活用したい、看護師を採用しづらい、若手スタッフが多い、学生やサラリーマンなど夕方以降の時間帯に患者さんが集中する、駐車場台数が多い、診察終了時間が長くなっている、看護師に負担がかかっている

「クラークを育成する」の課題解決のためのご提案

 1つ目に診察室内の業務を見直し、スタッフにお願いできる業務を考えましょう。これにより、先生が診察に集中できるため、やりたい医療が実現できます。まずはスタッフに実施目的を理解してもらうことがポイントです。

 2つ目は診察の流れを把握します。普段慣れている業務の中にも効率化できるものもありますが、それには気づきません。把握する時は一般スタッフの視点を取り入れることがポイントです。流れが分かれば、診察のペースをコントロールすることができます。

 3つ目はクラークの育成段階を明確化します。クラークが育成できれば、長期的に先生やナースの負担が減るだけでなく、患者さんにゆとりのある雰囲気が伝わり、待ち時間も減ります。スタッフにとっても、教育し合うことができ、早く業務を覚えることができます。

 下記の「詳しくはこちら」では経営アドバイス導入後、クラークの育成に成功した事例を詳しくお伝えしております。

詳しくはこちら

   患者数を分散する   看護助手を活用する   看護師を活用する

WEB経営セミナー「さんかくすい」