整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

看護助手を活用する【現場】

 ナースと一口にくくっても、正看護師、パート、年齢などにより能力等が異なります。そのため、院長先生が業務を依頼しても、看護師同士のチームワークが影響し、効率化しづらい場合があります。例えば、若手ナースが業務を抱え込むこと等です。

 

 また、看護主任が厳しい場合は新しいスタッフが定着しない場合があります。そのため、勤続年数が短くなります。ただ、看護助手の場合は資格が違うことや、元々仲が良いことが多いため、チームワークを発揮しやすい場合も多いです。その結果、院長先生も依頼しやすくなります。

 

 院長先生が診察のペースを上げようと思っても、ナースが処置などで処置室にいれば、依頼しづらい場合があります。そのため、院長先生でなくてもいい業務も担当する場合があります。他のスタッフにとっては些細なことですが、効率が落ちます。

 

 そこで、看護助手が院長先生のサポートにつき、看護助手からナースに依頼することで、診察のペースを上げることができます。その結果、ナースのペースに合わす必要がなくなり、ナースの負担も軽減します。

 

 ナースは院長先生の近くにいるため、受付やリハビリの状況が分かりません。そのため、院長先生が何かナースに状況を聞いても、はっきりとした答えが分かりません。そこで、看護助手から受付やリハビリの状況を教えてもらうことで、状況を把握できます。

 

 また、看護助手の勤務歴が長い場合は院長先生にも遠慮せず、率直な意見を伝えてもらうことができます。これにより、リアルタイムで現場のフォローでき、他のスタッフも看護助手に伝えることで、院長先生に伝えてもらうことができます。

 

 看護助手は受付やリハビリの業務内容を把握しています。そのため、診察室にいながら、受付やリハビリの情報を把握し、効率化に貢献できます。例えば、受付が忙しい時は診察室から業務をフォローすることで、滞りなく業務を遂行できます。

 

 さらに看護助手が診察の流れを把握できるようと、働きがいが生まれるだけでなく、院長先生もちょっとしたことでも依頼しやすくなります。これにより、医院全体の情報を共有しやすくなります。

  患者数を分散する  医療クラークを育成する  看護師がより活躍する

WEB経営セミナー「さんかくすい」