整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

看護助手を育成する【職人から参画経営】

職人の先生の傾向

 院長先生は診察に集中したいと考えています。そのため、看護師と連携して、効率的に診察しています。もちろん朝一や夕方は忙しくなりますが、その他の時間帯では看護師は自主的に動いてくれるため、院長先生は診察に集中することができます。

 また、看護師から他部署の状況を教えてもらえることもあります。院長先生はそのことに共感し、やがて看護師から他部署の情報を効率的に収集するようになります。さらにスタッフマネジメントも相談するようになり、看護師は大きな存在になります。

 しかし、看護師は物療、受付、施術等の勤務経験がないことが多いため、どうしても客観的に他部署を見るようになり、早期に課題を発見することができません。また、一般スタッフは資格者である看護師に相談しづらい場合もあります。

 その結果、診察業務の対応だけで精一杯になり、他部署の状況を把握できていると考えていても、それは看護師の力量に影響されるようになります。さらに気づいたら、接遇力の低下やスタッフマネジメントの課題が発生しているかもしれません。

職人の先生のニーズ

 院長先生は看護師と同様に受付やリハビリ助手に任せて、診察に集中したいと考えています。そして、何も問題が起きていなければ、上手く運営できていると判断します。また、他部署の具体的な業務内容が分からないため、効率化を一緒に考えることができません。

 ただ、これは忙しい院長先生にとってはスタッフマネジメントまで考えることは難しいです。また、患者数の集中に対しても、早く行動しようというアドバイスになってしまいます。

 そこで、看護助手の導入・育成が有効です。さらに看護助手は受付スタッフとローテーションすることが効果的です。なぜなら受付業務を把握しているため、受付から診察の流れまで考えることができます。これは効率的な提案にもつながります。

 また、院長先生や看護師だけが実施できる業務以外の誰でも担当できる業務を看護助手に依頼することで、負担が減るだけでなく、忙しい時間帯でも余裕を持って、診察に集中することができます。さらに他部署の状況も伝えてもらうことで、診察室にいながら情報が収集できます。

 ただ、院長先生が看護助手を診察室に配置するだけでは今までの業務の流れが崩れる不安があり、業務のスピードを速めれば、看護師だけでも対応できると考えるかもしれません。

 しかし、結果として、患者さんがもっと余裕を持って診察してほしい、受付やリハビリの接遇力が高くないと考え、来院が遠のく可能性があります。

参画経営で大切にしていること

 参画経営では院長先生や看護師が実施したい業務を明確にします。通常効率を考えるとできるだけ院長先生と看護師が担当できる業務を移行することを検討するのですが、これでは院長先生や看護師のモチベーションを下げる可能性があります。

 また、看護助手の立ち位置やモチベーションを維持することも大切にしています。看護助手、つまり一般スタッフが診察室に入る場合に躊躇する場合があります。そのため、何の業務を担当するのか、前向きに成果を出すためにサポートできる体制を作ります。

 そこで、さんかくけいでは看護助手の任命から業務開始までの流れ、院長先生や看護師の業務移行やフィードバック、看護助手から他部署の情報を収集する方法等をサポートしています。

 看護助手が育成することで、院長先生が診察に集中できるようになります。その結果、診察業務の忙しさを緩和できるだけでなく、診察室にいながら、他部署やスタッフの状況も知ることができます。

 下記の詳しくはこちらでは三方良しの「看護助手の育成」について聞いた内容をお伝えします。

              詳しくはこちら

   患者数を分散する   クラークを育成する   看護師が活躍する

WEB経営セミナー「さんかくすい」