整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

説明時間を確保する【成功事例】

 説明時間を確保した成功事例の医院では現状の診察の説明体制の確認、スタッフのサポートの検討、診察フォロー体制の再構築の3つに取り組みました。

 1つ目は現状の診察の説明体制を確認しました。夕方以降になると患者さんが多く来院します。その患者さんは痛みを抱えており、または口コミで来院した可能性があります。そのため、その患者さんに丁寧に説明すれば、満足度が向上します。

 しかし、その時間帯は混み合うため、院長先生だけが負担が大きくなり、待ち時間が長くなっていました。そこで、現状スタッフはどのように診察をサポートしているのかを確認し、新しいスタッフを活用する可能性を検討しました。

 2つ目はスタッフの業務内容を明確化した後、サポート体制を検討しました。どの業務は院長先生ではなく、スタッフが担当できるかを検討しました。これにより、院長先生が楽になるだけではなく、丁寧な説明を維持できました。

 また、スタッフもどの業務なら自分達でも担当できるのかと考えました。その場合は看護師だけではなく、クラークや看護助手、フリースタッフの活用も検討しました。さらに何が原因でスタッフはサポートできないのか課題を明確にしました。

 3つ目は診察のフォロー体制を再構築しました。スタッフへ業務を移行するためにはツールの活用等が効果的です。これにより、どのスタッフでも安心して説明をサポートでき、院長先生が説明に集中できるようになりました。

参画経営の特徴を解説

 スタッフが院長先生の待ち時間に対する考えや理想とする診察を理解しています。院長先生だけが実行すべきという想いを持っていないため、患者さんのために自分達が何ができるか、院長先生の説明の時間をどうすれば確保できるかと考えています。そのためには院長先生がスタッフと日頃からコミュニケーションをとっています。

 また、スタッフは患者さんから話しかけられやすい雰囲気があります。説明をフォローすると聞き忘れたことや質問したいことなど院長先生だけではなく、スタッフにも聞くことがあるため、院長先生への負担も軽減しています。

クライアントの声

 院長「待ち時間が減少し、私の負担も軽くなりました。また、スタッフに説明を補足してもらうため、医療知識が高まっています。これにより、他部署でも患者さんからの質問にも答えることができているようです。その結果、スタッフのモチベーションも高まっています。」

 スタッフ「夕方以降にフリーでいるスタッフがフォローするようになりました。そのため、患者さんが多くても、帰宅時間がそんなに遅くなりません。資料を補足することで、私でも説明できるので、新人スタッフでも教えれば、説明してもらえます。」

 現場での変化は下記の詳しくはこちらをご覧下さい。

詳しくはこちら

お問い合わせ例や動画内容

 説明時間を確保するために

・医療知識を高めて、説明に集中する体制を知りたい

・開業年数が長いため、今さらスタッフに依頼しづらい

・診察サポートをするためにスタッフに業務を移行する方法をお伝えさせていただきます。

 詳しくは下記の「お問い合わせ」より説明時間を確保するとお伝え下さい。

 また、参画経営を実現するために現状の診察の説明体制の確認、スタッフのサポートの検討、診察フォロー体制の再構築など具体的に取り組んでみたい場合は下記の「無料経営相談」よりご相談下さい。

signature01

お問い合わせ 無料経営相談 WEBセミナー登録

WEB経営セミナー「さんかくすい」