整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

説明時間を確保する【現場】

 開業年数が長くなると、診察室では院長先生とナースが慣れた体制で患者さんを診察しています。そのため、院長先生の説明により、ナースが自主的に動いて、先手を打って対応しています。

 

 しかし、院長先生が追加でナースに要望を伝えようとしても、ナースが手一杯であれば、サポートできない可能性があります。

 

 院長先生はナースに臨機応変かつ、自主的に動いてほしいと考えています。そのため、院長先生はナースに対して、要望を伝えることは少なくなります。その結果、ナースは自分で考えて動きます。

 

 そのため、ナースに必要以上に負担がかかるとサポートが疎かになってしまい、患者さんに丁寧に診察することが難しくなります。

 

 ただ、ナースによっては院長先生が丁寧に患者さんに対応していることが大事、時間外をつけてもらえているので、特に問題はない等と考える場合があります。

 

 そこで、ナースが今の診察についてどのように考えているのか、待ち時間についてはどう思っているのか等話し合うことが必要です。もし不満を抱えたまま働き続けていれば、医院経営において良い影響はありません。

 

 また、1人のナースが良くても、別のナースが不満を抱えている可能性もあります。

 

 上記の対策として、実行しやすいことが事前問診の実施です。事前問診とは再診の患者さんに対して、ドクターの問診の前にナースが中心になり、問診することです。これにより、患者さんの状況や要望をまとめることができ、患者さんへの問診が効率化します。

 

 ドクターだけが実施した方がよいと考えるのではなく、問診票を追記する延長として、少しずつ取り組むことが効果的です。これにより、スタッフが協力する意識が高まるだけでなく、医療知識も高まります。

 

 説明時間を確保するために様々な対策を講じても、それがどのように結果に反映しているのか把握することは重要です。これがなければ、自分達はどのような貢献をしているのか分からず、改善点も分かりません。

 

 そこで、目標にする数値を設定し、どのような対策をたてるのかを考えます。数値は患者数だけでなく、初診数、帰宅時間、待ち時間等自分達が取り組みたい数値から取り組むことが効果的です。

 

 医院全体で数値等の効果を感じることができれば、モチベーションも高まります。

  接遇力を高める  口コミを理解する  会話力を高める

WEB経営セミナー「さんかくすい」