整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

会話力を高める【成功事例】

 会話力を高めた成功事例の医院では院内全体の雰囲気の確認、業務効率化の検討、新たなポジションの検討の3つに取り組みました。

 1つ目は院内全体の雰囲気を確認しました。患者さんは1つの部署だけでなく、部署全体で会話力を評価します。そのため、物療の時などにリハビリ助手と会話できることが来院動機になっている患者さんもいました。

 特に受付の対応を重視しました。受付は医院の顔であり、待ち時間を長く過ごす場所です。そのため、受付スタッフが元気よく声を出す、来院時に挨拶する、会計時に質問に答えるなどによって、会話力を高めました。

 2つ目は業務効率化を検討しました。いかに会話力を高めようと思っても、業務が忙しければ、対応しづらくなります。本来ならば、その中でも声をかけるスタッフがいればいいのですが、部署内にスタッフの接遇力に差がありました。

 そこで、スタッフが会話力を高めるためにはどの業務に負担がかかっているか把握しました。

 3つ目は新たなポジションを検討しました。他でもお伝えしているようにフリースタッフ、看護助手、コンシェルジュなど新たなポジションを作ることで、会話力をサポートしました。

 これにより、業務が忙しくても、フォローするスタッフが在籍しているため、患者さんからの評価が高まりました。そのため、スタッフに目的と役割を認識してもらうことが重要でした。

参画経営の特徴を解説

 スタッフが患者さんのために雰囲気を良くしようと思っています。これにより、患者さんから評価も高まり、質問や要望にも応えやすくなっています。

 また、部署内のチームワークが良いです。スタッフは業務が忙しいのですが、1人が忙しい時は周りがフォローしています。これにより、部署内でコミュニケーションが図れています。

クライアントの声

 院長「院内の雰囲気が良くなっています。患者さんから褒めてもらうことも増えたので、地域内で口コミも生まれているのではないでしょうか。来院回数も増加しています。今の状態ならミーティングをしても良いと思います。」

 スタッフ「スタッフ同士で以前より会話するようになりました。これにより、スタッフの知らなかった考えに気づき、不満を早く解消できています。忙しさに関係なく、患者さんに声をかけることも意識しています。」

 現場での変化は下記の詳しくはこちらをご覧下さい。

詳しくはこちら

お問い合わせ例や動画内容

 会話力を高めるために

・普段現場にいないため、スタッフの状況が分からない

・現状の会話力を客観的に知りたい

・現状の会話力を阻害している要因を取り除く方法をお伝えさせていただきます。

 詳しくは下記の「お問い合わせ」より会話力を高めるとお伝え下さい。

 また、参画経営を実現するために院内全体の雰囲気の確認、業務効率化の検討、新たなポジションの検討など具体的に取り組んでみたい場合は下記の「無料経営相談」よりご相談下さい。

signature01

お問い合わせ 無料経営相談 WEBセミナー登録

WEB経営セミナー「さんかくすい」