整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

会話力を高める【職人から参画経営】

職人の先生の傾向

 院長先生が診察に集中するためには患者さんや部署内のスタッフの状況を把握することは重要です。これを把握せずに診察に集中していれば、スタッフは院長先生には話しづらいと感じ、早期に問題を解決することができません。

 また、患者さんにとってもスタッフには話しづらくなり、診察の評価がいかに高くても、医院全体の評価を高めることができません。

 そのためにはスタッフの会話力を高めることが大事です。それは患者さんだけでなく、スタッフ間、院長先生への会話など多くの種類があります。つまり、三方良しの経営を実現するためにはスタッフの会話力を高めることが重要です。

 患者さんにとっては院長先生に質問しづらいことでも、スタッフに質問できるため、安心感を得ることができます。もちろん、これには人柄が大きく影響しますが、会話力を高めるためにはきっかけも必要です。

職人の先生のニーズ

 職人の院長先生にとってスタッフが患者さんを会話でフォローしてもらえることは安心できます。また、院長先生に対して、現場の状況やより業務を改善するための提案をしてもらえることで、医院経営が良くなります。

 職人の先生は時間等の制約があり、なかなか自らスタッフに話しかけづらいものです。そのため、主任クラスを中心に部署内で会話することによって、より協力を促すことができます。

 スタッフ間にとっても、院長先生には話しづらくても、スタッフに相談することで、働きやすくなります。これにより、スタッフマネジメントの負担を減らし、診察に集中できます。

 患者さんにとっても、会話力が高いスタッフが揃っていることで、安心して来院できるだけでなく、院内の雰囲気が良くなります。その結果、地域内に口コミが拡がります。

参画経営で大切にしていること

 参画経営では院長先生が診察に集中するために会話を中心に院内のフォロー体制を構築します。そのためには個々のスタッフの長所を把握して、ミーティング等話し合うきっかけを作ります。これにより、スタッフマネジメントの負担が軽減します。

 その際は院長先生から積極的にスタッフに話しかける必要はありません。もちろんコミュニケーションをとることは大切ですが、それが自然にできなければ、負担になってしまいます。そうではなく、話し合える機会や議題等を設定します。

 そこで、さんかくけいでは院長先生がフォローして欲しい場面の設定、スタッフ間でフォローし合える体制作り、患者さんが安心する部署内の雰囲気作り等をサポートします。

 これにより、患者さんは自身の疾患の痛みを緩和するだけでなく、元気なスタッフに会いたいというニーズも満たすことができます。スタッフが評価されれば、来院回数が維持しやすくなります。その結果、疾患を把握しやすくなり、診察の効果が高まります。

 下記の詳しくはこちらでは三方が良くなる「会話力を高める」について聞いた内容をお伝えします。

              詳しくはこちら

  説明時間を確保する  接遇力を高める  口コミを理解する

WEB経営セミナー「さんかくすい」