整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

口コミを理解する【職人から参画経営】

職人の先生の傾向

 院長先生が診察に集中したいということは実現したい医院像があるということです。もちろん診察は医院経営において一部ですが、職人の院長先生には大きな部分です。

 その院長先生の診察と想いが患者さんに伝わることで、疾患が良くなるだけでなく、安心感が醸成し、口コミが発生します。これにより、経営が安定し、職人の院長先生が実現したい診察を継続できるという好循環が生まれます。

 しかし、患者さんにとっては診察やリハビリなど自院だけではなく、多くの選択肢があります。そのため、漠然とした印象では口コミを発生することはできません。そのため、患者さんには医院の良さが伝わりづらく、経営も安定しづらいです。

 そこで、口コミを客観的に理解することから始めます。口コミに基づき、新たな取り組みを開始します。これにより統一感が生まれ、伝わりやすくなります。

職人の先生のニーズ

 職人の院長先生にとっては来院している患者さんだけでなく、潜在的な地域の患者さんにも自分が大事にしている診察や想いを伝える役割があります。そのため、自己の視点に客観的な視点が加わり、より医院経営が良くなる可能性が高まります。

 診察がいくら良くても、患者さんから評価されなければ、医院全体の評価を高めることができません。だからといって患者目線だけ気にすると職人の院長先生の軸が弱くなってしまい、達成感を得ることができません。

 そのため、客観的に口コミを理解することで、自分が大事にしたい、さらに評価されている部分はどこか分かります。そして、今以上に評価を高めるために気づいていないことを組み合わせることで、自己からも他者からもより良い診察や経営を実現できます。

 その結果、職人の院長先生が実現したい診察を追求することができます。

参画経営で大切にしていること

 参画経営では院長先生が望む診察や経営を実現できる体制を作ります。そのためには自院の口コミの内容を理解し、それに基づき業務内容を改善します。つまり、自己と他者の評価を組み合わせて、新たな取り組みを開始します。

 その際は院長先生に客観的な患者目線をおしつけることはしません。確かに評価が高まるかもしれませんが、院長先生が大事にしている診察から遠ざかることになります。そうではなく、医院の長所に基づき、院長先生の想いを具現化します。

 そこで、さんかくけいでは院長先生が実現したい診察や経営のビジョン作り、口コミに基づく業務改善、患者さんの評価を得るための仕組み作り等をサポートします。

 これにより、患者さんは自分達が評価している点が医院に反映され、満足度が高まります。また、口コミの内容が明確になるため、知人や友人にも紹介しやすくなります。

 下記の詳しくはこちらでは三方が良くなる「口コミを理解する」について聞いた内容をお伝えします。

            詳しくはこちら

  説明時間を確保する  接遇力を高める  会話力を高める

WEB経営セミナー「さんかくすい」