整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

チームワークを強化する【成功事例】

 チームワークを強化した成功事例の医院では現状のリハビリ室の状況の把握、施術スタッフの目標と必要なフォロー体制の明確化、リハビリ助手の業務効率の3つに取り組みました。

 1つ目は現状のリハビリ室の状況を把握しました。施術スタッフとリハビリ助手のチームワークは勤続年数、年齢、スタッフ数、性別、性格などに影響されます。これらが影響して、良いアイデアを持っていても、発言できておらず、施術スタッフと距離があるか確認しました。

 また、リハビリ助手は施術スタッフが動きやすいように配慮しているため、施術スタッフがどう思っているのか把握しました。なぜなら、当然のように感じていればチームワークを発揮しづらくなるからです。だからこそ、施術スタッフとリハビリ助手のチームワークが重要です。

 2つ目は施術スタッフの目標を把握しました。施術スタッフが業務に集中するためにリハビリ助手にどのようなフォローをして欲しいか確認しました。そのため、施術スタッフはどのような目標を設定して、どのような施術を提供したいのかをリハビリ助手に伝えました。

 3つ目はリハビリ助手の業務効率化を検討しました。まずはリハビリ助手の忙しさを把握しました。なぜなら、リハビリ助手が現状の業務の負担が大きければ、潜在的な不満につながります。そのため、どの業務を効率化できるかリハビリ室全体で検討しました。

参画経営の特徴を解説

 リハビリ助手の患者さんからの評価が高いです。患者さんの想いを汲み取って、コミュニケーションを図っています。そのため、施術スタッフに対しても同様に接しています。

 施術スタッフもリハビリ助手への感謝や観察力があります。施術スタッフもリハビリ助手もスタッフ数が多ければ、それだけ該当部署で固まるようになりますが、チームワークを発揮しようと歩み寄っています。

クライアントの声

 院長「リハビリのチームワークが良いことで、私が診察に集中できています。リハビリ室の管理を施術スタッフとリハビリ助手にある程度任せています。必要な情報は勤務終了後などに伝えてもらっています。その際はただ報告を聞くだけでなく、私の考えも伝えています。」

 スタッフ「患者さんからもリハビリ室の雰囲気が良いと言っていただけます。現在特に夕方以降にスポーツの方や学生さんが増えています。施術の先生方が働きやすいようにみんなで考えて、また私達にもアドバイスしてもらえるため、チームワークは良いと思います。」

 現場での変化は下記の詳しくはこちらをご覧下さい。

詳しくはこちら

お問い合わせ例や動画内容

 チームワークを強化するために

・施術スタッフがどうも遠慮しているようだ

・リハビリ助手が忙しそうだが、状況が分からないため、解決策を伝えづらい

・現状のスタッフでリハビリの長所を発揮する方法をお伝えさせていただきます。

 詳しくは下記の「お問い合わせ」よりチームワークを強化するとお伝え下さい。

 また、参画経営を実現するために現状のリハビリ室の状況の把握、施術スタッフの目標と必要なフォロー体制の明確化、リハビリ助手の業務効率化など具体的に取り組んでみたい場合は下記の「無料経営相談」よりご相談下さい。

signature01

お問い合わせ 無料経営相談 WEBセミナー登録

WEB経営セミナー「さんかくすい」