整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

チームワークを強化する【職人から参画経営】

職人の先生の傾向

 院長先生が診察に集中すると、診察室の状況は把握できますが、リハビリの状況は把握しづらいです。そのため、ある程度施術スタッフやリハビリ助手に任せるようになります。しかし、リハビリ室が院長先生の運営方針と異なれば、マネジメントを考えるため、負担がかかります。

 施術スタッフは理学療法士の男性が多く、リハビリ助手は一般スタッフの女性の場合が多いです。そのため、お互いの仕事に関するモチベーションは異なるのは当然です。しかし、リハビリは今後の経営の大きな強みですので、診察に集中するためにも自主的な管理が重要です。

 しかし、単純にスタッフに任せていれば、現状のスタッフの関係に影響して、チームワークを発揮できません。そのために患者さんは施術は施術、物療は物療など2部署と捉えて、今以上に満足度を高めることができません。その結果、リハビリは他施設に流れる場合があります。

 これにより、院長先生は患者さんの疾患の状況を把握しづらいだけでなく、診察の負担が増える、もしくは増患について考えなければなりません。

職人の先生のニーズ

 院長先生が診察に集中するためにも、リハビリ室の状況を把握したいと思っています。そのため、リハビリ助手と施術スタッフのチームワークは重要です。リハビリ室が自主的に管理できると看護助手に受付を把握してもらうことも可能です。

 そのためにはまず施術スタッフの想いを把握することが大切です。施術スタッフは患者さんのためにも、自らのスキル向上のためにも様々なモチベーションを抱えています。そのため、予め個々のモチベーションを把握することで、定着率を高めることができます。

 さらに各個人の想いだけでなく、客観的な医院の評価やリハビリ助手とチームワークを高めるにはどうすればいいのかコミュニケーションをとると効果的です。また、理学療法士が施術だけでなく、チームワークを発揮して、患者さんに接すると潜在的な要望を捉えることができます。

 その結果、患者満足度が高まり、地域内の口コミが拡がります。その次にリハビリ助手の想いを把握します。しかし、これを全て院長先生が担当すると負担がかかってします。

 そのため、リハビリ助手主任や施術主任を中心にマネジメントする体制を作ります。特にリハビリ助手主任が活躍すると、他のスタッフも働きやすくなります。その結果、リハビリ室の雰囲気が向上し、他部署の情報も共有しやすくなります。

参画経営で大切にしていること

 参画経営では院長先生が診察に集中しながら、リハビリ室がチームワークを発揮して、自主的に管理できる体制を作ります。これにより、施術スタッフとリハビリ助手に働きやすさと働きがいが生まれます。

 その際は院長先生が全てのスタッフを把握するという手段はとりません。これでは院長先生に負担がかかります。そうではなく、軸となるスタッフを選定し、まずはそのスタッフから情報を収集できる仕組みを作ります。

 そこで、さんかくけいでは院長先生が理想とするリハビリの想いの浸透、スタッフが遠慮なく発言できる雰囲気の醸成、リハビリ室と各部署の連携の促進等をサポートします。

 これにより、患者さんの疾患や状況を把握でき、来院回数が維持します。その結果、スタッフもリハビリの運営に対して、提案するようになり、より情報共有が活性化します。

 下記の詳しくはこちらでは三方が良くなる「チームワークの強化」について聞いた内容をお伝えします。

             詳しくはこちら

  助手の動線を確認する  リハビリ事務を活用する  施術スタッフを活用する

WEB経営セミナー「さんかくすい」